Archive

Posts Tagged ‘関西’

比良山系 武奈ヶ岳 @1214m

7月 10th, 2013

ほんと今年はよく山登っています。
山登るぐらいしか、運動出来ないから仕方無いので探索、冒険な感じで。
何事も経験、探究心が人を伸ばすと。

今回は前回ロックガーデンに連れて行き、登山に火が付いたヒロシが、数年前からタイミングが合えば冬に滑りに行こうと思ってた滋賀県『武奈ヶ岳』に行こうとお誘い。

しかしながら、提案して来たルートは冬登ろうと思ってるルートではなく、鎖場が続く最もこの山で険しいルート。
さすがに今の肩の状態では鎖場はツライので一度は断りましたが、、、、、

時間も出来たし、まずルートも知らない初心者を連れて行くとの事で、心配なので行く事に。
ま〜前後の天候もいいし、乗っけて行ってもらえるし、山頂からラインのチェック出来るし、俺でさえ少し軽い気持ちで行きました。
しかし、、、蓋を開ければなんとやら。。。。。。
ただただ面白かったとだけは言っておこう〜

2013-06-30 07.57.41

朝から天気もよく車の窓から運転手と助手の二人は意気揚々〜
駐車場に9時到着。すぐに京都から二人の友人も合流。
今回はメンバー計5名

ま〜ボチボチ有名な山なので、駐車場には人もチラホラ。
俺達も含め、みんなここは初めての方々が多いようで、周りをチラホラ様子を伺っている感じ(笑)
とりあえず、入山届けを出しスタート。
他に居ていた方達もそうでしたが、名前は書くが裏面の予定ルートを書かない。
ここ書かないと捜索ルートを絞れないので全然意味がないです。気をつけましょう。

そんなこんなでスタートは20名程度で連なって、土砂崩れで無くなっている道などを回避し30分。
カッコいい大摺鉢の分岐点で小休止。
2013-06-30 14.47.03無茶苦茶パワー感じる滝です。
右奥にも全貌は見えにくいですが、長い綺麗な滝がありました。
DSC_0004DSC_0005
ここから下は渓谷になっており、かなりの迫力のある一枚岩が見えました。
さて、この分岐で後続の方々とはお別れ。
僕達は、エクスパートコースへ
入り口からこんな感じで始まります。
DSC_0006ま〜しっかり整備されている登山道ですので安心して登っていけます。
そこから岩肌の鎖場の続くこの川沿いを登っていきます。
川から吹き上がる空気は涼しく気持ちええです。
DSC_0008DSC_0009DSC_0011

滝好きにはたまらんルートですが、
この日は比較的ドライな状態でしたが、岩が滑るので天候に左右されるルートなので気を付けてください。
さて、今回の山場と言っていいポイント。
貴船の滝
沢を渡り、直登のハシゴを登り、岩をよじ登る。
DSC_0016今回一番伝わる写真が撮れたと思う。
下手な鉄砲、数撮ればなんたらかんたらですわ。
何か感動だとか、情景を言葉で伝えようとも、話すのが若干苦手な俺にとって写真は一番の表現方法。
別にこの分野はプロでもないので、上手く撮れなくても自己満足でも伝わればいい。
もうそんなに攻めていませんが、まだスノーボードでも何か残せたら残したいな〜と思います。

脱線しましたが、沢の鎖場からの滝はど迫力
マイナスイオンが流れ込んできます。
DSC_0019DSC_0020
ハシゴの後の岩肌も手すりが打ち込まれているので、ドライだと安全です。
中間地点からのボトム
DSC_0021よく見れば、沢の真ん中でタケシが落ちそうになり渡っています。
コレからみても前日に降雨があり水量が多くなっている時はこのルートは危険です。
ちなみにここは死亡事故が多いらしいので、レスキューヘリポイントに指定されていました。
DSC_0022ここから滝の上までは15mクライム
真新しい鎖が設置されていました。
ここからは緩やかなトレイルを行きますが、時折鎖場が出て来たり、折れそうな橋があったりアドベンチャーは続きます。
DSC_0024DSC_0030

DSC_0029

 

DSC_0035

天候が良ければキラキラと光り輝き綺麗な緑を見る事が出来るのですが、
天候は曇りがち、時折みせる太陽でブナの木々が綺麗に見る事も出来ました。
そもそも武奈が岳の名の由来の中に、広大なブナ林からって話もあるらしいです。

少しすると滝から少し離れるルートに
ここからは虫との戦いになるのかと思っていましたが、比較的少なく無事に比良スキー場ゲレンデ跡地に到着。
風を避け早めの昼食。

ここからは平坦なブナ林の登りで、雪で抑えられた木の感じから冬場は2mぐらいの積雪がある様に思えます。

この開けた場所はブッシュの少ないいい滑走面になりそうですが、積雪時は思っていたより斜度もなくなり、
滑走計画していた尾根からのドロップポイントも木々の間隔が狭そうなので、違うポイントチェックが出来、いい視察になりました。
DSC_0039DSC_0042この尾根沿いの冬の景色はまたいいでしょうね〜
山頂付近だけがガスに覆われていたので、残念ながら今回は山頂から琵琶湖一望する事は出来ませんでした。
武奈が岳 @1214m

2013-06-30 12.32.59

幾つになっても色んな事を楽しむ方々大好きです。
風もありガスっているので休憩も程々に下山。
DSC_0045下山ルートもゆったり沢沿いのルートで。
DSC_0046DSC_0048とても綺麗な蒼い鳥。少しの間、先行道案内。
DSC_0047途中、川の中からシャワークライミングをしている10数名に遭遇。
フルウエットスーツにロープ。知らない人が見たらナニシテルんだろう??って装備。
ま〜無事に分岐地点の大摺鉢に到着。
1372582202696
全行程7時間、歩行時間5時間。
たいして疲れは残りませんでしたが、今まで行った登山で鎖場があんなに続く山は初めてでした。
笑顔満開、ヤマアジサイ満開なイイ山行でした。
2013-06-30 14.45.37お後が宜しいようで。
久しぶりの長文、最後までアリガトウ御座いました。
ほな。

登山, 関西の山 , ,

龍門山(紀州富士)〜飯盛山縦走

5月 31st, 2013

ご無沙汰しています。
早いもので関西も例年より早い梅雨入り。
滑りも出来ない、走りも出来ないので、なんだかんだ毎週末、山登りっていました。

順に追って、簡易なレポート報告を。
5/12(日)晴れ

泉州小富士を登り、次に行きたい所もなかったので、富士山繋がりで近場の『富士』の名の付く山を検索しました所、色々でてきましたし、かなり面白そうなので行って来ました。

龍門山(紀州富士)
2013-05-12 13.05.40粉河駅から南に行くと龍門橋へ向かうと紀ノ川から龍門山山頂がが見えます。
ここからずっと真っすぐ直進すると看板がチラホラ掲げられています。
かなりメジャーな山のようです。
車で行きましたが、すれ違いが出来ない車幅。
農道から見える町並みは見晴らしはいいのですが、対向車が来ない事を祈るばかり。

2013-05-12 13.22.252013-05-12 13.22.142013-05-12 13.26.202013-05-12 13.29.57どこまで行くんだろうと不安になりながらも看板が『車道はこちら』とあるので登って行きます。
PM1:30
今回は田代ルート登山口からアプローチ。
4台ほど停めれるスペースがあります。
登山口入り口は満開のツツジが咲いていました。
2013-05-12 13.33.252013-05-12 13.36.15
この辺りは昔は別荘地のような所になっており、廃屋も沢山ありました。
登山道途中には、『地蔵尊』があり、そこに水場もあり、所々湧き水が溢れ湿った感じで滑りやすくなっているんで気をつけてください。
そのお陰で涼しく雰囲気も良かったです。
途中、右へ分岐があり、『ちりなし池』との看板が。
行ってみましたが、、、大きな平地があり苔がいい感じ。

DSC_0009DSC_0006
ただ、雨もこの数日全然降ってなかったので、池には水はなくカエルの鳴き声だけが響き渡っていました。
PM2:20 田代峠分岐

2013-05-12 14.23.25予定では龍門山が目的でしたが、左に飯盛山の看板の下に山頂まで1時間と書かれてある。
そもそも、下からここまで1時間と書かれている所を40分
1時間と書かれているが、そんなにかからないと思い行く事に。
時間的にみて往復2時間。休憩を少ししたとして復路到着pm5;00を目標に。
2013-05-12 14.35.192013-05-12 14.44.41
こちらも整備が行き届いたトレイルで歩きやすいのですが、、、。
尾根筋の縦走、意外に時間は短縮出来ない。
杉林を抜け、開けた場所に
2013-05-12 15.19.10見えるは大阪方面。真ん中右が和泉葛城山
PM3:40 ?飯盛山 745m
2013-05-12 15.40.12
結局、山頂まで1時間かかりました。
ここの山頂は付近は平坦で、溝等がありましたので、あとで調べた所、楠木正成、織田信長なども訪れた城があったとのこと。
日暮れと龍門山での探索の時間も作りたいので、休憩も程々に戻ります。
足早に戻ったので田代峠にはPM5:00前到着
少し西日が差してきましたので、小休止のみ。
田代峠分岐から龍門山へも尾根筋歩きで比較的楽ですし見所たくさんです。
10分程で、磁石岩

2013-05-12 17.11.392013-05-12 17.09.59なんでも天然記念物にしていされた磁気を帯びた岩
試しにスントで実験。
2013-05-12 17.10.54大きな巨岩全体に磁気が強い訳ではなく、一部分だけが方位が反対向きました。
もちろん、向いた時は『おおおおっっ!!』言いましたわ。
そこからまた10分程で山頂到着。
PM5:20 ? 龍門山(紀州富士)756m

2013-05-12 17.21.08
山頂からは
2013-05-12 17.18.06北面が大きく開けており、紀ノ川、和泉山地の展望が。

ここにはもう一つ天然記念物が、
2013-05-12 17.20.37キイシモツケ
なんでもここの山にしか群生しない花。
咲くとコデマリのような感じみたいですが、まだその頃は蕾みであと1週間遅ければいい感じだったかも知れませんね。
山頂は広い平台になっており、キイシモツケが咲く頃に昼寝なんて最高でしょうね〜。
ここもその昔、龍門山城があったと『太平記』にも記されているようです。
田代峠から飯盛山にかけて幾つもの城砦が築かれていたとのことです。
飯盛山まで行って良かったな〜思いました。

山頂から中央、勝神コースに下って行くと『蛇紋原』なる道標があり、脇道に入ると展望所があった
2013-05-12 17.35.04よく見ると右端に自分の車が見える
さらに下るとまた脇道に『明神岩、風穴』の表記が
2013-05-12 17.41.17もちろんこの岩からの展望もよかったです。
このオーバーハングしているので、『もしか??』と思い探索するとありました。
2013-05-12 17.41.25がっつり補修までされたハーケンが打ち込まれていました。
まだ初めてもないのにまた新たなクライミング場を見つけました。
こちらは風穴
2013-05-12 17.42.50かなり深く中は見えません。
龍が出て来たとも、楠木正成が隠れていたとも言われています。
現在は内部の調査もされ内部構造も書かれていました。
そこからは日も入らなくなっていたので、結構な斜面を小走りにダウンヒル。
日のあるうちに下山出来ました。
PM6:20
今回のコースマップが下山した所に。
2013-05-12 18.00.10俺も手頃な木を見つけて自分の良いサイズに折り杖を作り使用していましたが、使用後の杖が沢山置いてかれてました。
2013-05-12 17.59.57なぜか昭和の香りがするいい感じの登山道でした。
ここからは車道で駐車場まで。
駐車場では沢ガニが待っててくれました。

2013-05-12 18.24.37スタート時間も遅かったので、仕方ないが5時間休憩もほぼ無しで歩き、少しやり過ぎたかな???
最後に予定していた龍門山温泉は次回また行こうかと思っています。

帰りの龍門橋からの夕日はとても穏やかで綺麗でした。
2013-05-12 18.35.06

ヤマコレから他人のログですが、今回のルートが乗っていたので解りやすいかと思い添付させてもらいました。

人影にも会えず、出会ったのは、野うさぎ2羽、マムシ3匹、沢ガニでした。
次回予告。
大和葛城山、鮮烈のツツジ園
ほな。

登山, 関西の山 , ,

新しい隊員達

3月 31st, 2013

最近、女、子供で登れる様な近場の小山をドンドン紹介していましたが、
やっと反応が出てきました。

オレの地元ではピカイチにオモロい友人『ひこニャん』が子供を連れて登りたいと。
ま〜どれだけオモロい人かというと、この方の学生時代の自伝的ブログを見て頂いたら解ると思います。
http://ameblo.jp/ovalnetwork/entry-10659548756.html

http://ameblo.jp/ovalnetwork/entry-10731884758.html
が、、、、、電車内など、人前では見ない事をお勧めしますがね。。。。。

そうそう、そんなヒコニャんも一児の父(笑)
子供も小さい時は人見知りでしたが、今は、、、
『いったんねん!!』
『やったんで〜!!』と岸和田弁バリバリ(笑)

そんな親子ですが、息子一人では可哀想という親心か、
更に友人の子供を迎え計5人パーティー結成
2013-03-20 11.22.20

天候も怪しいのですぐ避難出来るダム周辺をチョイス

人気者のヒコニャんは引っ張りだこ
2013-03-20 11.39.592013-03-20 13.28.00

大人なら15分ぐらいですが、遊びながら30分。
そうこうしてるうちに雨がポトポトと。。。

アメダスを見ると小1時間で雲も抜けそうなので休憩所まで行って雨宿りすることに。
ちょうど昼なので、ヒコニャンのデキル嫁が弁当を持たせてくれたのでランチ。
2013-03-20 11.57.002013-03-20 12.34.03

雨も止めば、外で木を転がすだけですが大喜び(笑)なんでもその場で楽しめる子供。
逆にこんな子供の様な発想を持ち合わす大人を目指してる俺(笑)

ま〜天候も天候なんで、今回は本山頂は目指さず、低い場所の展望台へ
2013-03-20 12.44.24
記念撮影と言うとそれぞれ体一杯での表現。
山頂のポーズ
2013-03-20 12.49.072013-03-20 12.49.28ここでも子供の独創性というか、発想の自由さで楽しませてもらいました。
左手が山の斜面で右手が山頂(笑)
雨にも当たらずに遊べたのに、結局どろんこ(笑)
2013-03-20 13.23.25ま〜親は嫌がるだろうが、子供は外で遊んでドロドロの方がいいね!!
今回は、俺もなんだか子供心に戻れ、楽しく勉強??になりました。
2013-03-20 14.01.24帰りの車も終始、楽しんでいて子供のいない俺にとっては久しぶりの遠足の様な気分で楽しかったです。

新たに3名のカワイイ隊員達
自然に触れ、今なにも感じなくてもいいが、大きくなった時に自然に触れた事、感じた事を思い出してくれたら、いいな〜と思います。

次回は山頂を目指そう〜。

Life, アウトドア, 登山 , , ,

大阪50山 霊峰槇尾山601m

2月 6th, 2013

 

先日、やっと三角巾から解放されました。
腕は上がりませんが、解放された感がいっぱいです。
何事も拘束ってのは嫌ですね。

さて、それでも大した事も出来ないので、体幹トレーニングがてら、また山へ
近場ですが、ぜんぜん山は登らないので近い所も知りませんので少しずつ。
地元大阪は和歌山〜奈良まで続く金剛生駒紀泉国定公園の中間地点。

そして今回登った山はその尾根を縦走するダイヤモンドトレイルの終点
西国三十三所の第四番札所 施福寺のある槙尾山

2013-02-03 09.43.592013-02-03 09.45.37

節分と言う事もありこの山を選びましたが、凄く盛大に地元の方々が催し物をしていて、
登山者、参拝者で賑わってました。俺もせっかくなので振る舞いぜんざいを頂きスタート。
2013-02-03 09.48.02 2013-02-03 09.52.41 2013-02-03 09.52.58 2013-02-03 10.05.34参道の入り口から大きな門から綺麗な整備された参道を。
門から見える参道の景色ってのが好きですが、なにか境界線のように感じるのは僕だけでしょうか???
昔、長野県の戸隠奥社の門は潜れなかった事を思い出します。
2013-02-03 10.23.49施福寺
20分程度で到着。弘法大師 空海が出家したお寺として有名らしいです。
お遍路さんを回っている方にも数人お会いしました。
こういうのを機会に色々歴史なんかも調べたりするんで、そんなのも楽しくなってきてます。
ここからは東にはナイトハイキングした岩湧山金剛山が見えます。
思ったより早く着いたので、さらにお寺の奥に進み少し遠回りして、回り込んで山頂を目指します。
2013-02-03 10.53.22 2013-02-03 11.02.40 2013-02-03 11.00.47

 

山頂からは少し霞がかっていましたが、関西空港、淡路島が見えます
そこから5分ほどで、かなりイイ雰囲気の開けた場所へ
2013-02-03 11.34.522013-02-03 11.10.522013-02-03 11.34.132013-02-03 11.33.09蔵岩

360℃ビュー!!のまさかのロッククライミングスポット
景色もいいし、クライミングしてるし、ここで一服。
2グループしていましたが、60歳の夫婦と少し会話を楽しむ。

ここは上部のポイントは、比較的初心者向けのイージールートで新しい靴の慣らしで来たらしく、『幾つになっても出来るよ〜』と力強い言葉。
ここがイージールートか〜と思いましたwww
昔、yoと白馬の体育館で少しボルタリングしたけど、近くに無いし諦めてた分野。
ロープワークも覚えたいし、治療中で時間のある今、少しづつ勉強をして見ようと思います。

コルを挟んで下部から登っても来れるとの事を聞いたので、GPSを持って行っていたので、対面の尾根から下に降りれそうなので、登山道から少し離れを比較的楽に降りれそうな尾根から下に下る事に。
対面からはこんな感じ
2013-02-03 11.49.55ま〜ま〜厳ついな〜
コルを挟んで、この下もこんな感じでした
2013-02-03 11.54.34見にくいですが、真ん中に4人
下からアタックすると結構な距離でした。
ちなみに、この対面から見える道は探さないでください。地図、GPSがなければ遭難するかもしれませんので。

今まで、海外の救急車の中でばったり友人に会ったり、離島で友人に会ったり、『世間は世界は狭いな〜』なんてよく思っていましたが、、、、、

世間は狭い、世界は広いようで狭い。
地元の事もまだまだ何も知らない事ばかり、色んな事に壁を作らず、吸収し、まだまだ登っていこうと思いました。
今回は、なかなか良い物も見学出来、良い経験でした。

アウトドア, 城、寺院、仏閣, 登山, 関西の山 , ,

和泉葛城山 牛滝ルート

1月 29th, 2013

片腕三角巾で、仕事も出来ず、体が鈍っているので家からほど近い葛城山(858 m)へ

登山初心者や、山ガールにはお薦めのハイキング的なイージー登山の出来る低山です。

意外に知られてませんが、和泉葛城山のブナの原生林は、低い標高のブナ原生林としては珍しく、また群生の南限地としても知られ、天然記念物に指定されてます。

もっともポピュラーなルートは、林間学校などで使う機会が多い、
登山ルートA  南海蕎原バス停スタート
登山ルートB? 南海塔原バス停スタート
犬鳴温泉ルート

なのですが、もう一つルートがあります。
それが牛滝山ルート

コチラも南海牛滝山バス停からスタートですが、車で行ったので、近くのいよやかの里に駐車。
右に上がると登山道ですが、左に私有地と書いている方へ行くと、

2013-01-24 12.01.152013-01-24 11.58.00

 

牛滝山  大威徳寺

2013-01-24 11.54.582013-01-24 11.54.38

ここから滝と書いてある方へ境内を歩いて行くと、滝の流れる音がドンドン近くなり、
一の滝、二の滝、三の滝が見えてきます。
2013-01-24 10.08.402013-01-24 10.11.57
音、ミスト、景観もよくいい滝です。
ここから滝のそば抜け渓流を歩いて登って行くんですが、そこがまたいい感じです。

2013-01-24 10.18.162013-01-24 10.17.06

2013-01-24 10.20.42

2013-01-24 10.22.41

 

道はどこも整備され、石畳の階段などもあり風情もありますが、、、、

2013-01-24 10.18.36

2013-01-24 10.26.53 2013-01-24 10.24.21

こちらのルートも昨年からのゲリラ豪雨により被害があり、本コースへ渡る石畳も流され形もなかったり、滝のそばが崩れてる所もあるので気をつけて歩いてほしいと思います。

さて、本コースに合流後は、ほとんどの険しい所は階段になっており、杉林の中をとても歩きやすく登っていけます。
2013-01-24 10.34.18 2013-01-24 11.08.53 2013-01-24 10.42.47 2013-01-24 11.09.07
こんな感じの道を二十一丁目まで約1時間程度
二十一丁目まで来ると、尾根沿いのフラットに近い車道で30分程度で山頂に着きます。
一丁目〜二十一丁目まで一丁目ごとに片手に持つ物がそれぞれ違うお地蔵さんがいてますので、そんなのも見ながら歩いて登るのもいいと思います。

数年前まで、ロード自転車の方々で賑わっていましたが、2013年1月現在、未だに車道は土砂崩れの復旧工事の為、通行止めになっております。
今春〜夏までには工事が終わると思いますので、自転車の方々はもう少し我慢ですね。

健康の為に舗装道路をウォーキングしている皆さん
硬い舗装路より、体に優しく、景色が変わり、全身を使う軽登山どうですか????
片手三角巾でも登れる山です。
この山の登山ルートほとんどが温泉スタートなんで、帰りに温泉入って帰れますし、おすすめです。

たまにはこんな提案もいいでしょ。

 

城、寺院、仏閣, 登山, 関西の山 , ,

2013 1st trip  紀伊半島湯治の旅

1月 5th, 2013

改めまして、新年あけましておめでとうございます

31日、何処に行こうか悩みに悩んで、いきなり思い立っての計画無しで、
新春『紀伊半島願掛け、湯治の旅』に。

目指すは世界遺産熊野古道あたり、、、、
とりあえず、雑誌の片隅で見た景色、本州最南端、串本の橋杭岩での初日の出へ

2013_0101_073748

2013-01-01 06.32.11

2013-01-01 07.19.39

 

2013-01-01 07.32.59

たまたま、見た雑誌が串本周辺の景色が載っている物でしたので、とりあえず行った感じでしたが、アタリでした。
あわよくば、気温もかなり低いので、海霧の名所みたいなので見れるかと期待しましたが、、、、

そんなにドタバタでは見れませんでしたが、こんな感じでイイ新年を迎え、初日の出を見る事が出来ました。

その後、本州最南端 潮岬

2013-01-01 11.26.11

2013-01-01 14.53.42

2013-01-01 15.51.57

2013-01-01 18.44.26

〜の那智勝浦駅の観光案内のオバチャンが超薦める6つの温泉が楽しめるホテル浦島
洞窟をそのまま改造した温泉等、色々楽しめました。
食事は那智勝浦マグロが名物なので漁港で色々一杯食べましたが、
ホテル内にある居酒屋『海つばめ』
ホテル内にあるから微妙かな?なんて思ってましたが、
和歌山の珍しい日本酒、梅酒を主に、これにあった肴がめちゃくちゃ旨かった。
ここの居酒屋に行きたいので、次回もこのホテルでゆっくりしたいと思います。
ちなみに素泊まりの方が色々食べにいけるのでお勧めです。

駅前の観光案内のおばちゃん、かなり強引に電話で値切ってくれました。
旅人に優しい案内所です。那智勝浦最高〜。

そこからは世界遺産 熊野エリア
2013-01-02 14.17.052013-01-02 14.43.57

 

2013-01-02 16.34.13


 

 

 

 

 

 

 

.

の窟獅子岩熊野速玉大社

 

2013-01-02 17.05.432013-01-02 17.14.36
石の上で三人の神々が相談事したと言われる
神倉神社

かなりの急勾配の石の階段があります。
下から15分ぐらいで神社にはたどり着きます。
石の神社からは新宮市を一望出来て、とてもいい景色。

2013-01-03 10.14.12

 

2013-01-03 11.14.52 2013-01-03 11.27.42
那智の滝

 

 

2013-01-03 12.09.16

那智

大門坂那智の滝熊野那智大社

那智の滝周辺は、一昨年前の夏の土砂災害の被害が凄く、復旧作業がされてましたが、まだまだ掛かるようです。
そして、滝を見ると昨年、某ロッククライマーが登ったとの事。。。。
どこにハーケンなどを打ち込んだのだろうかと、探してしまった。

那智は昭和の香りのするお土産物屋さんが沢山で楽しかったです。

2013-01-03 14.17.35 2013-01-03 14.18.40 2013-01-03 14.24.20

最後に熊野本宮大社

いや〜八咫烏ユルキャラまで居てました。

なんだかんだ行き当たりばったり、移動中に見かけた所に寄る旅でしたが、
世界遺産熊野三山 三つの大社もお参り出来たので今年は行けそうな気がします。

本年も宜しくお願いします。

Life, 城、寺院、仏閣 , , , , , , , , , , ,