Archive

Posts Tagged ‘火打山’

念願の火打山滑走

5月 15th, 2014

滑りたいと思い、夏山登山で下見に行ったのは4年前
当時の記事
http://www.join-earth.com/?s=火打山

やっとタイミングが合い実行に移る事が出来ました。

4/26.27

前回の夏山登山はテント泊でしたが、
今回は滑走に重きを置いているので、高谷池ヒュッテで1泊2日の山小屋泊
ルートは黒沢から上がろうかと思っていましたが、数日前の雨により崩落している恐れがあるので、入山は夏道ルート
準備してるとその高谷池ヒュッテの小屋番長
星野俊輔とバッタリ遭遇
『必要の無い物はないか?』と頻りに聞くのでシュン君の荷物を見てみると10日間の食料、ギター、カメラ、
飯と遊び道具しか持ってなかった。
それでも結果から言うとスプリットボードとは言え、俺達より重い荷物で1時間半も早く山頂に到着していた。
20kg強の荷物とギター背負う人を見たのはキカイダー以来だ。
さすが上越のヒーロー
写真 2014-04-26 8 43 08写真 2014-04-27 20 08 54
写真 2014-04-26 14 37 42巨木の森を抜け、のんびりと4時間ほどかかり、黒沢岳から火打、焼山を望むポイントからドロップ
写真 2014-04-30 19 21 591897899_846769418684040_6988563214291260661_n @230 ?photo@michie

いいザラメで気持ち良くてそのまま下まで滑り降りてしまうところでした。
この一本で本日は終了〜
結局、景色を楽しみ遊びながら5時間ほどで高谷池ヒュッテに到着BEER~~~~~

写真 2014-04-26 16 39 51

登り始めから、終始一緒のペースで登っていて仲良くなったテント泊のテント泊登山のシンタさんクマさんとも、到着を祝いBEER~~~~

写真 2014-04-29 17 02 07

山登りをしていると一期一会の出会いってのは、嬉しく楽しい出来事です。

夕飯はサーフィンでパンプアップされすぎて、エプロンがパツンパツンの番長がカレーを。。。
写真 2014-04-26 17 28 06写真 2014-04-26 17 28 13カレーとハヤシ二種類選べて、おかわり自由
おかわり自由。。。。。なんて幸せなんでしょう〜

夕飯後は夕日、星、夜景を堪能〜
夕焼山、夕焼火打
写真 2014-04-26 17 58 57

写真 2014-04-27 20 09 01写真 2014-04-26 19 39 56ヒュッテ、ヒュッテ前のテント場
写真 2014-04-26 20 01 39 写真 2014-04-26 20 22 40気温も低く空気も澄み渡る中、星は降って来そうな景色に囲まれ、幸せな時間を。
小屋に戻れば、まだまだ時間もあり、消灯後も年代物の石油ランタンでしっかり最後まで飲ませて頂きました。
写真 2014-04-27 20 07 58写真 2014-04-26 21 02 14写真 2014-04-26 21 05 56小屋には年代物のランタンが沢山あるので、今年は全て修理してランタン小屋にしようと計画しているみたいなので、この夏は一度、高谷池ヒュッテに行ってみてはいかがですか???

翌朝、日の出を見に5時起き

写真 2014-04-27 5 23 58
フィルムクラスト写真 2014-04-27 5 27 53写真 2014-04-27 5 30 47写真 2014-04-29 13 30 22写真 2014-04-27 5 55 19夜も朝もしっかり景色を楽しみ、ここからが本番
タイミングよく一緒のタイミングでこの場所で久しぶりの再会をした上越のかっ飛びガールズライダー、トモともここでお別れ
写真 2014-04-27 8 24 43 (1)
ノンビリ2時間ほどで山頂へ
写真 2014-04-27 11 04 05山頂では一足早く登頂していたシンタさん、クマさんがお出迎えしてくれました。
写真 2014-04-27 10 42 52ほんとこの御二人も、関東から前日遅くまで飲んで4時間ほど運転してテント泊装備で登頂。
ほんとパワフルで頼もしい方々でした。
また山での再会したいですね

狙っていたポイントは今回は状況的に滑れませんでしたが、ま〜他のラインを選びましたが楽しかったです
写真 2014-04-30 19 22 03@230 ?photo@michie

写真 2014-04-27 20 07 50黒沢岳
写真 2014-04-29 13 30 39写真 2014-04-27 20 09 12下山は有り難いことに、朝別れたトモが黒沢から滑り降りると言う事で、下山ルートの確認情報をくれたので黒沢岳を下り、黒沢ルートで駐車場まで板を外す事無く下山出来ました。
前回、夏に登った際は分からなかったんですが、
黒沢から合流する橋の手前で見える隆起した地形はとてもスゴかった
写真 2014-04-27 15 52 07こんなに競り上がってる地形は初めて見ました。
最後まで自然の凄さをまた実感させて頂きました。

助かったよTomo、ありがとう〜!!!!
最後は鳥新で〆
写真 2014-04-27 18 02 46下山後のBEERと肉は体に染み渡りました。

今回も新しい出会い、新しい景色、沢山の思い出ができました。
また次はあの沢を滑りたいし、もう少し早い時期にあの沢を滑りに行きたいと思います。

お粗末な文章ですが最後まで見て頂きAZS


Snowboard, バックカントリー, 新潟の山, 登山 , ,

妙高 火打山 テント泊登山 前編

9月 2nd, 2010

Day 1

暦の上では、夏の終わりも近づくはずですが、、、

クソ暑い大阪から避難する為、夏山登山に出発しましたが、、、、
暑い為か、、、大事な物を忘れ物をし、、、

出発早々1時間のロス、、、、。

更に夏バテ気味の俺に代わり運転まで、、、、
スンマセン、AB型さん

そんなこんなで、なんとか妙高火打山登山口へ
俺の近所の葛城山日本最北端のブナ林の原生地とせれ、管理管轄されていますが、
ここ妙高エリアは冬はホームマウンテンにしていた地域で、
広大なブナ林では有名で一度夏に行きたかったんですよ。

とは言え、
そもそもの今回の目的は今シーズンに滑る為のルートの下調べ登山
と、神さんへの神頼み、お願い事の為に。

メンツは昨年の富士山登山と同じメンバー
東京、埼玉、愛知、大阪各地から集合。
+長野斑尾高原でwebデザイナーをしている公一

テント泊初のメンバーもいるので、のんびりとしたスケジュールで。
今回の夏ルートはこんな感じ。

本日はベースキャンプとなる高谷池ヒュッテまで

歩き始めは穏やかな登りが続き、
ブナ林の緑のシャワーを体一杯に浴び気持ちよく歩けます。
沢音の聞こえ始め、休憩ポイントの黒沢へ
ここまで1時間ぐらいかな?
ココは最後の水飲み場
この時期でも雪解け水の為、手が痺れるぐらい冷たくて、美味しいです!!
そのままコップでグビグビ飲み水分補給をして出発!!
ここからは十二曲がりという急登が、、、、
20kg以上のリュックを背負うと。流石にここはホンマしんどかったわ〜

ココさえ登れば、後少しで富士見平へ

この辺から2000m森林限界に近づき、木々も低くなり影が少なくなり始めます。

ここまで黒沢から2時間、、、、、
予定より時間がかかった為、富士見平付近で昼食。

サクッと済ませたいんで、ジェットボイルでパスタを作り終了。
湯沸かしが異常に速いんでホンマすぐに作り出発できました!!!
ホンマ良い商品ですわ〜!!

で、、、ここからはまた緩やかな登山道に変わり、もう楽勝です〜。

この辺から時期は終わりましたが高山植物がチラホラ

景色を見ながら、歩いてると
今回のベースキャンプ地の高谷池ヒュッテが見え始めました。

ポツンと三角屋根、カッコいいですね!!
予定より1時間以上遅れましたが、
やっと到着〜!
出迎えは、冬も夏も山の住人、
上越の生粋の山ガール トモ

久しぶりの再会、トモはいつも元気です。
どこに行っても友人がいてるのは俺の宝だと思ってます。

で、明るい間に寝床の確保ですね。
今回はヒュッテ前のテン場を使用

寝床の確保が終了すると今度は夕食!!!
夕食は荷物が重くなるのを覚悟の上で
インスタントではなく
キャンプ定番!!本気カレー!!!

前日にHit-c公一が下ごしらえをしてくれました。
夕食時は2台のジェットボイルを湯沸かしに使い調理スピードUP!!

コイツほんま役に立つわ〜
キャンプをした事がある方は分かると思いますが、
かなりの時短でお湯が出来ますからね。湯沸かしが早いのはとても助かります!!
何を作るにしてもお湯が要りますからね〜

こんだけ書いたらモンベルさん、スポンサーに付かんかな?(笑)

で、夕食中に夕日の時間が、、、、
しかし、この日はあいにくガスが掛かり出し、、、
こんな感じ???
ま〜この時期に夕立も無く、こんだけ観れたら上出来ですわ。

あっという間に夜です、山の夜は早いです。

夜は夜でガスもすっかり晴れ、めっちゃ星★綺麗でした。
これも2000mオーバーに行かんと観れませんね。

夏とはいえ、少し肌寒く寝れるか心配しながら、
流れ星も見たんで、翌日の御来光を観る為に本日は就寝します。

本日はbest photoはなしですね、、、。
後編に少し期待を!!!


アウトドア, 新潟の山, 登山