Archive

Posts Tagged ‘山ガール’

永楽ダム公園周遊

2月 20th, 2013

今回は先日の雨山と登山口は同じ所から入り、ダムの周遊コースを歩いてきました。

2013-02-10 10.12.34

スタート位置は写真中央のダムの左から入り、登って行く所までは一緒です。
展望は大阪市内。この日は天気がよかったんですが、中国からの汚染物質、微小粒子状物質(PM2・5)なる物が最近、飛来しているので、黄砂の来るシーズンでも無いのに霞んでました。

2013-01-29 10.49.442013-01-29 10.54.46
雨山の案内も過ぎ、そのまま真っすぐトレイルなりに進むと、前回と同じ様な景色が楽しめます。
コースも低山の尾根歩きなので、少しのアップダウンを繰り返し見晴らしもいいです。
2013-02-10 10.51.32少しずつ降り、溜め池(江戸時代からの永楽ダムの由来)に出て、車道に一度出ます。
そこから展望台の方には幾つかのルートがありますが、そのまま一番奥の所からもう一度入りました。
2013-02-10 10.58.03手前に見えるのは山頂展望台、奥に見えるは先日行った雨山
一番ロングルートで回ると前回雨山時に下山した所から周遊出来ます。
こちらも尾根沿いを歩きますが、見晴らしはそうでもないです。
しかしながら、展望台の景色はこの周辺ではピカイチでしょう。
2013_0210_111049左から、雨山、すぐに関西空港、淡路島、奥には神戸、六甲山、大阪市内が見渡せます。
少し、霞がかっているのは残念ですが、、、、

今回のコースも2時間ぐらいで廻りました。
ここ展望台に登るだけなら20分もあれば行けますので、気軽にいけます。
ダムから見ると展望台は左の頂上です。
2013-02-10 11.36.36

冬は中国からの大気汚染が流れて来なければ、
大気中に不純物も少ないので、低山でも比較的綺麗な景色が見れますし、夜は星が綺麗に見えますので、
ナイトハイクもお勧めですが、展望が良いってことは風当たりもキツいので、防寒具はちゃんと持って登る事をオススメします。

なんだが、山登りばかりしてますが、なにか?????

さて、次回は紀州山脈西端の高森山(北山)レポです。

登山, 関西の山 ,

和泉葛城山 牛滝ルート

1月 29th, 2013

片腕三角巾で、仕事も出来ず、体が鈍っているので家からほど近い葛城山(858 m)へ

登山初心者や、山ガールにはお薦めのハイキング的なイージー登山の出来る低山です。

意外に知られてませんが、和泉葛城山のブナの原生林は、低い標高のブナ原生林としては珍しく、また群生の南限地としても知られ、天然記念物に指定されてます。

もっともポピュラーなルートは、林間学校などで使う機会が多い、
登山ルートA  南海蕎原バス停スタート
登山ルートB? 南海塔原バス停スタート
犬鳴温泉ルート

なのですが、もう一つルートがあります。
それが牛滝山ルート

コチラも南海牛滝山バス停からスタートですが、車で行ったので、近くのいよやかの里に駐車。
右に上がると登山道ですが、左に私有地と書いている方へ行くと、

2013-01-24 12.01.152013-01-24 11.58.00

 

牛滝山  大威徳寺

2013-01-24 11.54.582013-01-24 11.54.38

ここから滝と書いてある方へ境内を歩いて行くと、滝の流れる音がドンドン近くなり、
一の滝、二の滝、三の滝が見えてきます。
2013-01-24 10.08.402013-01-24 10.11.57
音、ミスト、景観もよくいい滝です。
ここから滝のそば抜け渓流を歩いて登って行くんですが、そこがまたいい感じです。

2013-01-24 10.18.162013-01-24 10.17.06

2013-01-24 10.20.42

2013-01-24 10.22.41

 

道はどこも整備され、石畳の階段などもあり風情もありますが、、、、

2013-01-24 10.18.36

2013-01-24 10.26.53 2013-01-24 10.24.21

こちらのルートも昨年からのゲリラ豪雨により被害があり、本コースへ渡る石畳も流され形もなかったり、滝のそばが崩れてる所もあるので気をつけて歩いてほしいと思います。

さて、本コースに合流後は、ほとんどの険しい所は階段になっており、杉林の中をとても歩きやすく登っていけます。
2013-01-24 10.34.18 2013-01-24 11.08.53 2013-01-24 10.42.47 2013-01-24 11.09.07
こんな感じの道を二十一丁目まで約1時間程度
二十一丁目まで来ると、尾根沿いのフラットに近い車道で30分程度で山頂に着きます。
一丁目〜二十一丁目まで一丁目ごとに片手に持つ物がそれぞれ違うお地蔵さんがいてますので、そんなのも見ながら歩いて登るのもいいと思います。

数年前まで、ロード自転車の方々で賑わっていましたが、2013年1月現在、未だに車道は土砂崩れの復旧工事の為、通行止めになっております。
今春〜夏までには工事が終わると思いますので、自転車の方々はもう少し我慢ですね。

健康の為に舗装道路をウォーキングしている皆さん
硬い舗装路より、体に優しく、景色が変わり、全身を使う軽登山どうですか????
片手三角巾でも登れる山です。
この山の登山ルートほとんどが温泉スタートなんで、帰りに温泉入って帰れますし、おすすめです。

たまにはこんな提案もいいでしょ。

 

城、寺院、仏閣, 登山, 関西の山 , ,