Search Results

Keyword: ‘火打山’

念願の火打山滑走

5月 15th, 2014

滑りたいと思い、夏山登山で下見に行ったのは4年前
当時の記事
http://www.join-earth.com/?s=火打山

やっとタイミングが合い実行に移る事が出来ました。

4/26.27

前回の夏山登山はテント泊でしたが、
今回は滑走に重きを置いているので、高谷池ヒュッテで1泊2日の山小屋泊
ルートは黒沢から上がろうかと思っていましたが、数日前の雨により崩落している恐れがあるので、入山は夏道ルート
準備してるとその高谷池ヒュッテの小屋番長
星野俊輔とバッタリ遭遇
『必要の無い物はないか?』と頻りに聞くのでシュン君の荷物を見てみると10日間の食料、ギター、カメラ、
飯と遊び道具しか持ってなかった。
それでも結果から言うとスプリットボードとは言え、俺達より重い荷物で1時間半も早く山頂に到着していた。
20kg強の荷物とギター背負う人を見たのはキカイダー以来だ。
さすが上越のヒーロー
写真 2014-04-26 8 43 08写真 2014-04-27 20 08 54
写真 2014-04-26 14 37 42巨木の森を抜け、のんびりと4時間ほどかかり、黒沢岳から火打、焼山を望むポイントからドロップ
写真 2014-04-30 19 21 591897899_846769418684040_6988563214291260661_n @230 ?photo@michie

いいザラメで気持ち良くてそのまま下まで滑り降りてしまうところでした。
この一本で本日は終了〜
結局、景色を楽しみ遊びながら5時間ほどで高谷池ヒュッテに到着BEER~~~~~

写真 2014-04-26 16 39 51

登り始めから、終始一緒のペースで登っていて仲良くなったテント泊のテント泊登山のシンタさんクマさんとも、到着を祝いBEER~~~~

写真 2014-04-29 17 02 07

山登りをしていると一期一会の出会いってのは、嬉しく楽しい出来事です。

夕飯はサーフィンでパンプアップされすぎて、エプロンがパツンパツンの番長がカレーを。。。
写真 2014-04-26 17 28 06写真 2014-04-26 17 28 13カレーとハヤシ二種類選べて、おかわり自由
おかわり自由。。。。。なんて幸せなんでしょう〜

夕飯後は夕日、星、夜景を堪能〜
夕焼山、夕焼火打
写真 2014-04-26 17 58 57

写真 2014-04-27 20 09 01写真 2014-04-26 19 39 56ヒュッテ、ヒュッテ前のテント場
写真 2014-04-26 20 01 39 写真 2014-04-26 20 22 40気温も低く空気も澄み渡る中、星は降って来そうな景色に囲まれ、幸せな時間を。
小屋に戻れば、まだまだ時間もあり、消灯後も年代物の石油ランタンでしっかり最後まで飲ませて頂きました。
写真 2014-04-27 20 07 58写真 2014-04-26 21 02 14写真 2014-04-26 21 05 56小屋には年代物のランタンが沢山あるので、今年は全て修理してランタン小屋にしようと計画しているみたいなので、この夏は一度、高谷池ヒュッテに行ってみてはいかがですか???

翌朝、日の出を見に5時起き

写真 2014-04-27 5 23 58
フィルムクラスト写真 2014-04-27 5 27 53写真 2014-04-27 5 30 47写真 2014-04-29 13 30 22写真 2014-04-27 5 55 19夜も朝もしっかり景色を楽しみ、ここからが本番
タイミングよく一緒のタイミングでこの場所で久しぶりの再会をした上越のかっ飛びガールズライダー、トモともここでお別れ
写真 2014-04-27 8 24 43 (1)
ノンビリ2時間ほどで山頂へ
写真 2014-04-27 11 04 05山頂では一足早く登頂していたシンタさん、クマさんがお出迎えしてくれました。
写真 2014-04-27 10 42 52ほんとこの御二人も、関東から前日遅くまで飲んで4時間ほど運転してテント泊装備で登頂。
ほんとパワフルで頼もしい方々でした。
また山での再会したいですね

狙っていたポイントは今回は状況的に滑れませんでしたが、ま〜他のラインを選びましたが楽しかったです
写真 2014-04-30 19 22 03@230 ?photo@michie

写真 2014-04-27 20 07 50黒沢岳
写真 2014-04-29 13 30 39写真 2014-04-27 20 09 12下山は有り難いことに、朝別れたトモが黒沢から滑り降りると言う事で、下山ルートの確認情報をくれたので黒沢岳を下り、黒沢ルートで駐車場まで板を外す事無く下山出来ました。
前回、夏に登った際は分からなかったんですが、
黒沢から合流する橋の手前で見える隆起した地形はとてもスゴかった
写真 2014-04-27 15 52 07こんなに競り上がってる地形は初めて見ました。
最後まで自然の凄さをまた実感させて頂きました。

助かったよTomo、ありがとう〜!!!!
最後は鳥新で〆
写真 2014-04-27 18 02 46下山後のBEERと肉は体に染み渡りました。

今回も新しい出会い、新しい景色、沢山の思い出ができました。
また次はあの沢を滑りたいし、もう少し早い時期にあの沢を滑りに行きたいと思います。

お粗末な文章ですが最後まで見て頂きAZS


Snowboard, バックカントリー, 新潟の山, 登山 , ,

妙高 火打山 テント泊登山 後編

9月 4th, 2010

お待たせしました〜
少し遅れましたが、、、、

Day 2

そういや就寝する前にトモ

『多分0時頃に目が覚めるよ〜、その時また星綺麗だよ〜』

と言われ昨日は夜も更けるのも早いので21時には寝ましたが、、、、

まさに0時過ぎに目が覚めました。
あまりの寒さで、、、、、、。

夏とはいえ、夜は15℃

知ってるつもりの気温
しかし、この猛暑で、それがどれほど寒いか忘れていた、、、、。
あ〜ほんま油断したわ???

とりあえず、3時30分起床なんで我慢。
昨晩のワインの飲み過ぎもあり、、、、
起きるとちょっと頭も痛い、あ〜しんどい???

寒い寒いと言うてたのは俺とAB型だけだった。。。。
久しぶりの夏山?秋山?山をなめんな!!ってことですね。
色々な物事、『初心忘れべからず』です

はてさて、予定の時間になりましたが、その中でも一人マイペースに?
眠たいと言い、御来光を見に行かんと言う一人を残し出発!!!!

俺も愚だってた事もありスタートが少し遅れたので?
途中のらいちょう平の稜線でこんな感じに
なんとも淡いグラデーションで、
このままでも充分綺麗なんで
『ここで御来光でもいい』との意見もありましたが、
ここから少しケツを煽りながらスピードUP!!
こんな感じに妙高山もなり
更にガンガン登り山頂までは間に合いませんでしたが、
なんとかもう少し上のいいポイントまで!!!

神々しい御来光に〜
実際はココまでの過程の景色がめっちゃ綺麗やねんな〜♪♪♪
俺の安もんのデジカメでこの写真やから、
実際はどれだけか綺麗かは想像してください 。

さてさて、御来光もゆっくり見たんで山頂へ
そこからの途中は

こんな感じでした。
そして、山頂360℃パノラマの2462mへ

各々に写真撮影〜
日本海、北アルプス、富士山等、めちゃめちゃ色々見えました〜
もうこの時間になると力強い朝日になっておりました。
で、お決まりの
集合写真。
ま〜ココからはテント場まで下りて帰り支度をするだけですね。
あとは写真で想像してください。
頂上付近はまだ高山植物も色とりどりでした。
下に見える天狗の庭まで一気に下山

湿地帯のこの辺りはいい感じです
風もなく鏡火打
綺麗な景色でテンションUP??
もうすぐテント場です、小さくテント見えますかね?
後は荷物をパッキングして、
今回お世話になった上越ローカルで高谷池ヒュッテの小屋番をしている
Butonライダーの 星野 シュンスケ
写真は撮り忘れましたが、ブログを見て頂いたら、妙高周辺の情報が得れますよ〜

にお礼を言い出発〜!!!
帰りはみんなペースよくのんびり雑談をし無事に下山

今回は時間の都合が合わなく参加出来ない人もいてたんで、
次回はまた人数が増えそうです。

これを機にjoinearth山岳部でも立ち上げて部員でも募集しよかな????
年に1、2度ですが各地色々行きますんで希望者があれば、、なんてね〜???

いや〜、ま〜なんだかんだと楽しい短い夏休みを満喫しました。
書けん事、写真として残せんかった事、色々ありましたが、
実際しんどい事もありますが、良いもんですよ〜

1度みんなに経験してみてほしいもんです。
山では心が浄化される気がします。

次回はだんじり祭りが終わる11月紅葉の季節かな????

あと、やはり良いカメラが欲しいです。
なかなか思う様に撮れない中の、、、

今回のBest shootかな????
朝焼けまじりのミョウコウトリカブト
see you soon

アウトドア, 新潟の山, 登山

妙高 火打山 テント泊登山 前編

9月 2nd, 2010

Day 1

暦の上では、夏の終わりも近づくはずですが、、、

クソ暑い大阪から避難する為、夏山登山に出発しましたが、、、、
暑い為か、、、大事な物を忘れ物をし、、、

出発早々1時間のロス、、、、。

更に夏バテ気味の俺に代わり運転まで、、、、
スンマセン、AB型さん

そんなこんなで、なんとか妙高火打山登山口へ
俺の近所の葛城山日本最北端のブナ林の原生地とせれ、管理管轄されていますが、
ここ妙高エリアは冬はホームマウンテンにしていた地域で、
広大なブナ林では有名で一度夏に行きたかったんですよ。

とは言え、
そもそもの今回の目的は今シーズンに滑る為のルートの下調べ登山
と、神さんへの神頼み、お願い事の為に。

メンツは昨年の富士山登山と同じメンバー
東京、埼玉、愛知、大阪各地から集合。
+長野斑尾高原でwebデザイナーをしている公一

テント泊初のメンバーもいるので、のんびりとしたスケジュールで。
今回の夏ルートはこんな感じ。

本日はベースキャンプとなる高谷池ヒュッテまで

歩き始めは穏やかな登りが続き、
ブナ林の緑のシャワーを体一杯に浴び気持ちよく歩けます。
沢音の聞こえ始め、休憩ポイントの黒沢へ
ここまで1時間ぐらいかな?
ココは最後の水飲み場
この時期でも雪解け水の為、手が痺れるぐらい冷たくて、美味しいです!!
そのままコップでグビグビ飲み水分補給をして出発!!
ここからは十二曲がりという急登が、、、、
20kg以上のリュックを背負うと。流石にここはホンマしんどかったわ〜

ココさえ登れば、後少しで富士見平へ

この辺から2000m森林限界に近づき、木々も低くなり影が少なくなり始めます。

ここまで黒沢から2時間、、、、、
予定より時間がかかった為、富士見平付近で昼食。

サクッと済ませたいんで、ジェットボイルでパスタを作り終了。
湯沸かしが異常に速いんでホンマすぐに作り出発できました!!!
ホンマ良い商品ですわ〜!!

で、、、ここからはまた緩やかな登山道に変わり、もう楽勝です〜。

この辺から時期は終わりましたが高山植物がチラホラ

景色を見ながら、歩いてると
今回のベースキャンプ地の高谷池ヒュッテが見え始めました。

ポツンと三角屋根、カッコいいですね!!
予定より1時間以上遅れましたが、
やっと到着〜!
出迎えは、冬も夏も山の住人、
上越の生粋の山ガール トモ

久しぶりの再会、トモはいつも元気です。
どこに行っても友人がいてるのは俺の宝だと思ってます。

で、明るい間に寝床の確保ですね。
今回はヒュッテ前のテン場を使用

寝床の確保が終了すると今度は夕食!!!
夕食は荷物が重くなるのを覚悟の上で
インスタントではなく
キャンプ定番!!本気カレー!!!

前日にHit-c公一が下ごしらえをしてくれました。
夕食時は2台のジェットボイルを湯沸かしに使い調理スピードUP!!

コイツほんま役に立つわ〜
キャンプをした事がある方は分かると思いますが、
かなりの時短でお湯が出来ますからね。湯沸かしが早いのはとても助かります!!
何を作るにしてもお湯が要りますからね〜

こんだけ書いたらモンベルさん、スポンサーに付かんかな?(笑)

で、夕食中に夕日の時間が、、、、
しかし、この日はあいにくガスが掛かり出し、、、
こんな感じ???
ま〜この時期に夕立も無く、こんだけ観れたら上出来ですわ。

あっという間に夜です、山の夜は早いです。

夜は夜でガスもすっかり晴れ、めっちゃ星★綺麗でした。
これも2000mオーバーに行かんと観れませんね。

夏とはいえ、少し肌寒く寝れるか心配しながら、
流れ星も見たんで、翌日の御来光を観る為に本日は就寝します。

本日はbest photoはなしですね、、、。
後編に少し期待を!!!


アウトドア, 新潟の山, 登山

GW Trip 1days 霊峰 御嶽山

5月 10th, 2012

GW、忙しく休みも無かったんですが、
用事もありましたので、ついでに少し多めに休みを頂いて行って来ました。

霊峰 御嶽山 3067m

当初の予定では、数年前に夏に下見に行った火打山へ1泊2日のテント泊を予定し、準備を進めていましたが、

当日の天候が思わしくないので、急遽第2プランを思考。

『山は逃げない、またタイミングで』をモットウにしていますが、
『寄る年波には勝てぬ』とも言いますので、

天候がイイ場所で、リアルな山の情報が集めれる場所を2日間かけリサーチ。

GWの影響もあり、大阪から5時間で集合場所の道の駅へ。

メンバーは俺の他、マサ、カッチャンの愛知コンビ。
で、愛知からの友人は寝坊、、、。
日の出は拝めませんでしたが、おかげで、少し仮眠がとれました。
そこから1時間ぐらい峠を。

朝靄が綺麗に麓の村を覆ってました。
入山場所の駐車場へは6時到着。車は二台。

GWにしては少なくない?
とも思いましたが、準備をしていると、数台、数十人集まってきました。
昨年で惜しくも閉鎖した御岳ロープウェーの中間、中の湯から。
入山届けをポストに投函。
中の湯(標高1820m)からなら標高差1247m
大阪から5時間の運転からの、、、。
BC初心者と、講習を交えながら、ま〜ノンビリ行きましょうか〜。
ちなみに8年程前カナダCAAのアバランチ講習は受けてたので、基本知識は持ってます。

夏道(登山道)から7時入山。
積雪はなく、針葉樹林の中のルート。雪解けの水が階段を流れ、かなり涼しい
気持ちよく登っていたのですが、、、
この辺りで、折れたポール(ストック)が捨てられている。。。。
こんな時期に登っている方々は自然が好きで登っている筈なのに、、、残念だ。
もちろんそれは回収。

その後、破れたカッパ、食べた物のゴミ。
落とした物ではなく、捨ててある物、、、、、。
軽量化を測る為に持ち物を限定しているのに、登頂途中で、自分の物を飲んで、食べても荷物は減るどころか、増えるばかり、、、、。俺はゴミ拾いに来た訳ではない!!!!!

自分もそうだが、子供の頃、大人がポイっとするのを見て、『普通だ、当たり前だ』としていた様に思う。
いい歳の大人がそうだから、日本はこんなゴミ大国になる。
『人がしてるから、大丈夫。』
『アイツもしてるやん。』

山でも、街でも、どこでも、こういう考え方はヤメてほしいものです。
今の大人が、俺たちがちゃんとする事により子供の時代では、無くなる事を願っています。

話は少しソレマシタが、、、、。

2000mを越えた辺りから積雪が増えてきましたが、行場山荘も抜け、そのままつぼ足で森林限界近くまで。

そこからはスノーシュー

目指すは
そして、北極単独などに行かれてる方々からインスパイア、

俺は勝手にシベリアスタイルと言っているが、残雪時の森林限界を越えた広い場所での残雪ハイクスタイル
場所を選びますが、強風等の時も風を受けないのでかなり楽になります。
必ず!!しっかり固定してください。
(ロープ、カラビナ等は登山用等の必ずしっかりした物を選んでください。)
下に見えるは女人堂(2470m)


後ろに見えるは中央アルプス
4年前の今頃はあそこを登っていました。
こんな感じでした。

http://www.youtube.com/watch?v=yywxua_xg4U&feature=g-upl

この辺りから急勾配。

結構強風でしたが、快晴でイイ感じに登れました。

山頂部は傘雲が掛かったり、晴れたりの状態。

北には乗鞍岳とうっすら穂高連峰。向こうも山頂には傘雲が。
この急勾配を登りきり、少し遅い昼食。

にこやかにしていますが、風の無いポイントを選んだつもりですが、
かなりの強風でしたので、時折、突風が舞い込み大変でした。

ここから山頂までは勾配も緩く後少しですが、、、、、、、。

山頂付近は生憎の雲。。。。
少し登り、火口湖の二の池はまだ、氷雪の下。
少しずつガスの中に、

そして、強風。。。
とは言え、ホワイトアウトしている訳でもなく数百メートルの間だけ。
時折、強風なので、太陽が見え隠れ。

で、、、、


無事に登頂。

山頂部はいいザラメ。中間2500m辺りは陽が当たり続けてたので、湿雪のややストップスノー。
山頂部は少し曇っていたので、GO PRO映像はイマイチでした。

下山ルートは御岳ロープウェーのリフト降り場へ
駐車場まで滑り下りる事は出来なかったので、途中からは徒歩。
もう数日早ければ下まで歩かずに行けたでしょう。

 

5月5日 こどもの日。子供な大人の6時間ハイク。
全行程10時間。移動距離8.5km
GPSって便利ですね。

ここ数年で何人もの知人、友人が亡くなり、少しオープンバーンへの抵抗があり避けてましたが、
今回、久しぶりに行きましたが、とても色々と経験深い山行になりました。

もう一回どこかに滑りに行けたらな〜とも思っていましたが、
この時期に異常な寒波が入って来ているようで、山間部はかなりの降雪があるようなので、
今シーズンはこれで滑り納めになりそうです。

今週末などに、まだ滑りに行かれる方々は、充分に気をつけてください。
この時期の降雪は積もった雪は全て流れます。
登山と違い、その日の天候だけでは状況判断が出来ないので、せめて2週間さかのぼり情報を集めてからのご判断をお勧めします。

まだまだ何事も経験。精進したいと思います。

この日はスーパームーン
明るかったですが、疲れでぐっすりそのまま寝ました。

 

バックカントリー, 登山, 長野の山 , ,

ヨセミテ timelapse

5月 7th, 2012

5月5日、各地でとてつもなく山岳事故が起こってましたね。

しかしながら、、、、。
、、、。
予想の出来ない事態が起こったのでしょうね。

山は、自然の驚異は、何が起こるかは人の考えるレベルを超える事はしばしば。
ただただ、ご冥福をお祈りいたします。

余談ですが、、、、
年寄りと、男は山でのアクシデントでの生存率は低いと、登山家が昔言っていたような。
男は自分の好きな事をして本望だと思い諦める。
女の方は、家に洗濯物が残ってる、部屋が汚いから帰らなければと、諦めない。

生物的に女は強いと、その有名登山家が言っていました。

さて、俺はGWは3日しかなかったですが、その5/5は天候不順だと思い、3年越しの火打山テント泊は中止に。なかなかあの山は招いてくれません(笑)
予定を変更して、日帰り御岳山木曽路へ。
天候も比較的よく、勉強にもなるイイ時間を過ごせました。

詳細は後日。

今宵はGWの疲れを癒す為に。

過去にもここ、ヨセミテのtimelapse を掲載しましたが、

この方、5年の歳月をかけて撮った物をtimelapse に。

GWの疲れ。
音ともにリラックス出来ると思います。

time-lapse

2011 GW後編 妙高赤倉編

5月 25th, 2011


酒を飲み、久しぶりにゆっくりシーズンを振り返り、来期のアイテムの話やら、色々話してるうちに、、、、

コテンっと一夜明け

さ〜GW最終日5日、赤倉観光最終日

快晴

この日はタクKyon2、アキヨ、赤倉ローカルみっちゃん、タクの友人ヨコ、えり、シュウで、ゲレンデ数本クルーズし、

スノーシェーパーを持ち30分ほど軽くハイク


天候もよくブナ林のハイクは気持ちよくすぐに目的地の沢に

簡単にスノーシェーパースコップを使いバンクキッカーウッドレール等を置き、
ナチュラルパークを作成。

各々のランチbeerを持って。

こういう春っぽいスタイルはのんびりしていて好きです。

昔はよく渋峠などに行ってキッカーとか作って撮影したのを思い出しました。

タクの連絡不足で遅れて、俺らのさらに上部からHassy登場

hassyとはなかなかタイミング合わず、というか俺全然滑ってないんで、
今シーズン最終日にして今シーズン初セッション

今年も各地活動的に動き回ってた様です。

こんな感じでのんびり遊びました。帰りは幻想的なツリーランで締めくくりました。

 

滑り終わり、原タク邸にて晩餐の前の黒姫山と夕日

連日の山菜料理で滑ったみんなでワイワイ、また楽しい時間を過ごせました。

で、翌朝この頸城山塊の裏、北陸道日本海側からの朝日

この後、立山、そして昨年から狙い、夏に下見に登った火打山、火打山滑走は来シーズンに持ち越しになりました。

今シーズンも色々ありましたが、これが滑り納め、いいシーズンを過ごせました。
 

さ〜これからサマーシーズン、また来シーズン滑りたい山にまた下見に登りに行こうと思います。
夏山の星空もいいですよ〜

皆さん最後まで御視聴ありがとう御座いました

夏もsnowの情報は流して行きますよ。

230Eyes(Snowborad), Snowboard, バックカントリー

第15回全日本玉入れ選手権大会

9月 2nd, 2010

火打山登山の後編の前に、、、、、。
本日、2回目の更新

前にも何度か紹介したAJTA(アジャタ)ってスポーツで

また友人のチームが全国大会に出るため、

大阪から北海道上川郡和寒町に『第15回全日本玉入れ選手権大会』に行くと言っていた。

今回はなんだかかなりの練習をしたみたいで期待出来そうです!!!

2010年9月5日(日)の全国大会の試合結果をブログにて速報で掲載してくれるらしいです。

まだまだマイナーなスポーツですが、ドンドン普及し参加チームが増え始めてるみたいです。

一昔前の綱引きが流行った様にドンドン普及して
海外大会とかまで進めば面白くなるのにな〜

案外こんな単純な事は流行りそうやけどね〜

ホームページ、ブログもありますんで一度見てやってくださいな〜。

DADAISのホームページ
http://www4.hp-ez.com/hp/dadais/page23

DADAIS ブログ
http://blog.livedoor.jp/dadais/

またまた後編はのちほど、、、、、、、。

Life

日韓戦、そして来シーズン、、、この夏。

5月 25th, 2010
Plugin Error in Noembedder
Cannot load URL 'http://www.youtube.com/api2_rest?dev_id=txIjXqjLTVI&method=youtube.videos.get_details&video_id=wCMBE4bhm1o&color1=0xb1b1b1&color2=0xd0d0d0&hl=it_IT&feature=player_embedded&fs=1'

ワールドカップ前の日本最終戦。
韓国が強いと言うよりは、今回はなんかまとまりの無いシックリこない感じでした。
誰がチームをコントロールしてるのか分からん感じで、、、。

本人達が一番分かってると思うんで、本番までに調整してくれるでしょう!!
頑張れニッポン!!あと15日でワールドカップ!!

で、今年の俺のスノーシーズンも最後が分からん感じで終わりました。。。
火打山か、立山に行きたかったんですが、、、、時間の都合で断念かな??
来年は両方行きたいな〜!!

今年は数少ない滑走日数でしたが、
色々たくさんの場所でたくさんの方とセッション出来て、楽しかったです。
妙高、長野、白馬、飛騨、奥美濃の方々、ありがとうございました!!
来シーズンも、宜しくお願いします〜。
そして、今シーズンはセッション出来なかった方々、ぜひ来年はセッションしましょう!!!

で、これ来年は挑戦したい!!

NoBoard
足の固定無しのスノーボード!!
昨年以上に世界レベルUPしてます。

<p><em>There is embedded content here that you cannot see. Please <a href="http://www.join-earth.com/?p=1028">open the post in a web browser</a> to see this.</em></p>

あとこれもしたいかな、、、
若い頃は巧くなる為に、年がら年中スノーボードしてたけど、
日本には四季がハッキリあるんで、最近は四季を感じる事をする様にしてます。

春は芽生え
短い時間、自然の息吹を感じる山へ、

で、夏の準備!

こんなんもいいかな?
時折見せる笑顔が楽しさ伝わる〜。
こんなん考える、外人脳はどないなってんやろ???

<p><em>There is embedded content here that you cannot see. Please <a href="http://www.join-earth.com/?p=1028">open the post in a web browser</a> to see this.</em></p>

Life