Home > 城、寺院、仏閣, 登山, 関西の山 > 日本最古の修験道

日本最古の修験道

3月 14th, 2013

関西でもっとも有名な修験道と言えば、今年に足を踏み入れた熊野古道、そして、大峰山山上ヶ岳
その大峰山山上ヶ岳より6年も前に開山したと伝わり、元山上と呼ばれている

日本最古の霊山 犬鳴山
2013-02-24 10.06.12『大阪府 緑の百選』にも選ばれてるだけあって、とても色彩豊かな渓流の道

2013-02-24 10.10.332013-02-24 10.12.562013-02-24 10.13.512013-02-24 10.16.282013-02-24 10.15.082013-02-24 10.22.53

色んなお地蔵様、仏様、童子像、大小さまざまな滝があり、
石畳にもしっかり根付いた根っこ、時間を歴史を感じ取れ、とても厳粛な場所、別世界の雰囲気が漂っていますが、なぜか気持ちイイ道です。
そして、お決まりの門からの景色。
これは最近造られた物のようです。

2013-02-24 10.23.572013-02-24 10.24.33

 

ここからも気持ちよい感じで参道を歩きます。
2013-02-24 10.36.01紅葉の時期はかなり良さそうです。
犬鳴山の名前の由来の義犬の墓 (http://ja.wikipedia.org/wiki/)
2013-02-24 10.38.16

この義犬伝説を元にここ泉佐野市は、
『イヌナキン』なるイメージキャラクターをあのキン肉マンの作者@ゆでたまごさんに作成して頂いたようです。
http://www.city.izumisano.lg.jp/topics/inunakin.html
ま〜ま〜カッコええんですよ。

奉られている物はこれだけ載せておきます。
ここのメインの名所
行者の滝
2013-02-24 10.53.24
ちょうど休日だったので行を行っているのを拝見する事も出来ました。
2013-02-24 11.06.12手前の役行者像の下の行者くぐり岩
六根清浄を唱えながら3回くぐると、汚れを浄化され祈願成就するそうです。

女人禁制の大峰山と違い、犬鳴山は女人大峰とも言われ、女性も多く修業に訪れるらしいです
この日も修行僧は尼さんの二人でしたし、家族で修行体験していました。

この隣にある鳥居から表行場と言われるルートで高城山に向かいます。
いきなり鎖場からのスタートでしたので、片手なので悩みましたが、下りは無いので行きました。
少し登ると
2013-02-24 11.20.20蟻の戸渡り
もちろん、一人、片手、、、、キャンセルです。
ここは修行場、、石の覗き見など、色々あるみたいです。
ここは裏行場もあるみたいなので、きっちり治ってから誰かと行こうと思います。

さてさて、今年初の雪の上は、まさかの大阪の高城山 649mでした。
高城さらにここから修験道を使い天狗岳
そこから天狗の滝の方に修験道を歩き向かいましたが、、、、、、。
始めはテープなどで、目印がありましたが、、、、、、

徐々に人が入った形跡が少なくなり、最後には獣道のような状態。。。
獣道が道に見える、見たがる傾向が、、、あ〜ロスト。。。。

ここからは引き戻そうかと思いましたが、何かの為の保険にガーミンGPSを持っていたので、地図を見ると緩やかな尾根で下れそうだったので、そのまま地図読みで下山を。

地図を見れたので難なく下れましたが、このルートは人がほとんど入っていないルートなので天狗岳からの滝は中級者以下の方々にはお勧め出来ません。

なにはともあれ無事下山。
帰りは犬鳴山の近くに、
大気の圧力、潮の満ち引き、地球の自転する遠心力により、泉水の色が変わるという不思議な温泉で湯治。
神に通ずる@神通温泉
2013-02-24 16.29.22

昔、地元から都会に出たく、今度は日本から出たく、海外に行きました。
英語はそんなに話せませんが、海外で出会う方々は自分の国のイイ所を誇らしげに話し、
逆に『日本はどこがイイ??』と聞かれた時は、まだ若く何も説明出来なくて悔しい思いをしました。
最近、各地色んな所を歩いてからというもの、日本の文化に誇りをもつようになりました。

山へ入ると自分がなにか根源的なものにつながっていると感じられる瞬間があります。
自然から生まれ、生きるという行為もまた大きな自然の一部であることが。

忘れたい事があるなら、開放的な海へ
見つめ直したいなら、閉鎖的な山へ

両方求めている時は、開放的な景色が見れる山へ。

結局、俺にとっての『精神と心の間』は、ルーツである山のようです。

欲は向上心。
今は、自分自身のルーツである地元が心地いいですが、まだまだ色んな処に行き、いろんな方々と出会いたいと思っています。

最近、色んな事もありましたし、神の奉られている山々、修験道を登り歩いたからですかね??
少し入り込んだ話をしました。
数年後、自分がこの文を読んでどう捉えるか楽しみです。

今回はロストした事もあり3時間半かかりました。
次回、回復した時に修験道にも行きたいと思います。

 

城、寺院、仏閣, 登山, 関西の山

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.