Home > アウトドア, 城、寺院、仏閣, 関西の山 > 天空の城 竹田城跡

天空の城 竹田城跡

12月 3rd, 2012

信越北海道では『ヒィーハー!!』と、
快晴のPowでの滑り初めの皆さん遠吠えが聞こえる中、

俺はこの寒波を利用して前から気になっていた場所へ。
見頃は9〜10月らしいのですが、一気に冷え込むこの寒暖差ならもしかしたら見れるのではと、、、。

大阪市内から約二時間余りで幻想的な世界に。

日本のマチュピチュ
天空の城

とも言われている兵庫県朝来市(あさご)の竹田城跡へ。
朝来市?と言われてもピンと来ない方の為に、
福知山周辺。姫路の上。但馬牛の下。ハチ高原、神鍋高原スキー場に行く途中。
そんな市内からほど近い場所でこんな景色が見れます。

綺麗な雲海は見れませんでしたが、うっすらとガスが掛かっている幻想的な景色を見れました。
岐阜の稲葉山城と同じような断崖絶壁の山の山頂。
標高は350m程度なんですが、360℃見渡せる景色は圧巻でした。

 

 

 

歴史的建造物を見るたびに昔の人の凄さが伝わってきます。

今回の寒波のおかげで少し残った紅葉、遠くは関西では馴染みのあるハチ高原、神鍋高原スキー場方面、
標高600m以上はうっすら積雪。

足下を探れば、自然の神秘。雫の小さな果実が。

関西ではなかなか見れない紅葉と雪
晩秋〜初冬への季節の移り変わりが見れたのはとてもラッキーでした。

上から見る景色は春夏秋冬どの季節でも綺麗な表情を見せてくれると思います。
次は稲穂の実る満月の時か、
ラピュタの天空の城の様に見れる事がある、対面の山『立雲峡』からでも行ってみたいと思います。

そして、朝一面の雲海の時にこの特等席に座りたいと思います。
?今回、少しトラブルで遅刻しましたが、
それに怒らず、いきなりの誘いに乗ってくれたお二人さんARIGATOU-

 

帰りは明石にて、『明石焼』という感じに話をしていましたが、
姫路『どろ焼』なる、
たこ焼きのような、明石焼のような、もんじゃのような食べ物がある事を知り、食べに行きました。
?B級グルメなんでしょうかね?
これはこれで新しく美味しかったです。

PS.
竹田城跡の情報としましては、
この日は気温は3℃、寒波が入り込んでいたので急激な気温上昇もなく、長時間、薄く雲がかかっている状況が続きました。
日の入りから、気温が上昇を始める8時半頃までが雲海の見頃になるようです。
日の入りから見れるのが良いと思います。
雲海が頻繁に見えるってことは、雲が溜まっていると言う事なんでカッパは持っている方がいいでしょう。
麓に駐車場もありますが、停めれる台数が限られてますので、30分ぐらい歩くつもりで、スニーカーなど歩ける格好で行った方が良いと思います。
さてさて、今週末には関西でも滑れるぐらいの積雪が期待出来ると思います。

ほな。

 

アウトドア, 城、寺院、仏閣, 関西の山 , ,

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.