Home > News > 生活リズムの改善

生活リズムの改善


時差ボケや、早番、遅番のシフト変化のある方にはイイ情報が。

有益な情報でしたので、ここからは、引用させてもらいました。

 

繰り返し話題に上る有益な生活改善テクニックです。ハーバード・メディカル・スクールの研究結果によると、12?16時間の絶食によって、たった一日で素早く睡眠・起床リズムを変えることができます。

起きたい時刻の12?16時間前からは何も食べないようにします。再び食べ始めるとき、その時点を新しい一日のスタートとして、体内時計がリセットされます。あなたの体は、断食を止めた瞬間を新しい「朝」と見なすのです。

具体例を挙げましょう。午前2時に起きる生活を開始したい場合は、前日の午前10時から午後2時までの間の時刻から絶食をスタートしてください。そして、午前2時に目覚めるまで、何も食べてはいけません。体内システムを再活性化させるにあたっては、健康的な食事を摂るように心がけてください。

別の例を挙げましょう。もしも、あなたがロサンザルスから東京に移動する場合、東京で朝ごはんがいつ提供されるかを把握しておきましょう。そして、東京での朝食時刻前12?16時間は食事をしてはいけません。

How to Naturally Reset Your Sleep Cycle in One Night | Wise Bread

時差ボケ対策や、仕事で早番・遅番にシフトする際の調整にも役立ちますね。体内時計というと、光にさらされることで調節されるというのがまず思い浮かびますが、食物摂取によってもまた影響されるということだそうです。このメカニズムが形成された原因は、飢えた哺乳類が獲物を狩るべき時間帯に眠らないようにするためではないかと言われています。食事の時間帯は自分でコントロールできますから、気合いと我慢次第で一気に生活リズムを変えることが可能になるわけですね。もっとも、病気だったり、体力に自信のないときは、数日かけて徐々にずらしていくのでもよいのではないでしょうか。

 

News

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.