Home > アウトドア, 新潟の山, 登山 > 妙高 火打山 テント泊登山 前編

妙高 火打山 テント泊登山 前編


Day 1

暦の上では、夏の終わりも近づくはずですが、、、

クソ暑い大阪から避難する為、夏山登山に出発しましたが、、、、
暑い為か、、、大事な物を忘れ物をし、、、

出発早々1時間のロス、、、、。

更に夏バテ気味の俺に代わり運転まで、、、、
スンマセン、AB型さん

そんなこんなで、なんとか妙高火打山登山口へ
俺の近所の葛城山日本最北端のブナ林の原生地とせれ、管理管轄されていますが、
ここ妙高エリアは冬はホームマウンテンにしていた地域で、
広大なブナ林では有名で一度夏に行きたかったんですよ。

とは言え、
そもそもの今回の目的は今シーズンに滑る為のルートの下調べ登山
と、神さんへの神頼み、お願い事の為に。

メンツは昨年の富士山登山と同じメンバー
東京、埼玉、愛知、大阪各地から集合。
+長野斑尾高原でwebデザイナーをしている公一

テント泊初のメンバーもいるので、のんびりとしたスケジュールで。
今回の夏ルートはこんな感じ。

本日はベースキャンプとなる高谷池ヒュッテまで

歩き始めは穏やかな登りが続き、
ブナ林の緑のシャワーを体一杯に浴び気持ちよく歩けます。
沢音の聞こえ始め、休憩ポイントの黒沢へ
ここまで1時間ぐらいかな?
ココは最後の水飲み場
この時期でも雪解け水の為、手が痺れるぐらい冷たくて、美味しいです!!
そのままコップでグビグビ飲み水分補給をして出発!!
ここからは十二曲がりという急登が、、、、
20kg以上のリュックを背負うと。流石にここはホンマしんどかったわ〜

ココさえ登れば、後少しで富士見平へ

この辺から2000m森林限界に近づき、木々も低くなり影が少なくなり始めます。

ここまで黒沢から2時間、、、、、
予定より時間がかかった為、富士見平付近で昼食。

サクッと済ませたいんで、ジェットボイルでパスタを作り終了。
湯沸かしが異常に速いんでホンマすぐに作り出発できました!!!
ホンマ良い商品ですわ〜!!

で、、、ここからはまた緩やかな登山道に変わり、もう楽勝です〜。

この辺から時期は終わりましたが高山植物がチラホラ

景色を見ながら、歩いてると
今回のベースキャンプ地の高谷池ヒュッテが見え始めました。

ポツンと三角屋根、カッコいいですね!!
予定より1時間以上遅れましたが、
やっと到着〜!
出迎えは、冬も夏も山の住人、
上越の生粋の山ガール トモ

久しぶりの再会、トモはいつも元気です。
どこに行っても友人がいてるのは俺の宝だと思ってます。

で、明るい間に寝床の確保ですね。
今回はヒュッテ前のテン場を使用

寝床の確保が終了すると今度は夕食!!!
夕食は荷物が重くなるのを覚悟の上で
インスタントではなく
キャンプ定番!!本気カレー!!!

前日にHit-c公一が下ごしらえをしてくれました。
夕食時は2台のジェットボイルを湯沸かしに使い調理スピードUP!!

コイツほんま役に立つわ〜
キャンプをした事がある方は分かると思いますが、
かなりの時短でお湯が出来ますからね。湯沸かしが早いのはとても助かります!!
何を作るにしてもお湯が要りますからね〜

こんだけ書いたらモンベルさん、スポンサーに付かんかな?(笑)

で、夕食中に夕日の時間が、、、、
しかし、この日はあいにくガスが掛かり出し、、、
こんな感じ???
ま〜この時期に夕立も無く、こんだけ観れたら上出来ですわ。

あっという間に夜です、山の夜は早いです。

夜は夜でガスもすっかり晴れ、めっちゃ星★綺麗でした。
これも2000mオーバーに行かんと観れませんね。

夏とはいえ、少し肌寒く寝れるか心配しながら、
流れ星も見たんで、翌日の御来光を観る為に本日は就寝します。

本日はbest photoはなしですね、、、。
後編に少し期待を!!!


アウトドア, 新潟の山, 登山

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.