Archive

Archive for the ‘城、寺院、仏閣’ Category

2013 1st trip  紀伊半島湯治の旅

1月 5th, 2013

改めまして、新年あけましておめでとうございます

31日、何処に行こうか悩みに悩んで、いきなり思い立っての計画無しで、
新春『紀伊半島願掛け、湯治の旅』に。

目指すは世界遺産熊野古道あたり、、、、
とりあえず、雑誌の片隅で見た景色、本州最南端、串本の橋杭岩での初日の出へ

2013_0101_073748

2013-01-01 06.32.11

2013-01-01 07.19.39

 

2013-01-01 07.32.59

たまたま、見た雑誌が串本周辺の景色が載っている物でしたので、とりあえず行った感じでしたが、アタリでした。
あわよくば、気温もかなり低いので、海霧の名所みたいなので見れるかと期待しましたが、、、、

そんなにドタバタでは見れませんでしたが、こんな感じでイイ新年を迎え、初日の出を見る事が出来ました。

その後、本州最南端 潮岬

2013-01-01 11.26.11

2013-01-01 14.53.42

2013-01-01 15.51.57

2013-01-01 18.44.26

〜の那智勝浦駅の観光案内のオバチャンが超薦める6つの温泉が楽しめるホテル浦島
洞窟をそのまま改造した温泉等、色々楽しめました。
食事は那智勝浦マグロが名物なので漁港で色々一杯食べましたが、
ホテル内にある居酒屋『海つばめ』
ホテル内にあるから微妙かな?なんて思ってましたが、
和歌山の珍しい日本酒、梅酒を主に、これにあった肴がめちゃくちゃ旨かった。
ここの居酒屋に行きたいので、次回もこのホテルでゆっくりしたいと思います。
ちなみに素泊まりの方が色々食べにいけるのでお勧めです。

駅前の観光案内のおばちゃん、かなり強引に電話で値切ってくれました。
旅人に優しい案内所です。那智勝浦最高〜。

そこからは世界遺産 熊野エリア
2013-01-02 14.17.052013-01-02 14.43.57

 

2013-01-02 16.34.13


 

 

 

 

 

 

 

.

の窟獅子岩熊野速玉大社

 

2013-01-02 17.05.432013-01-02 17.14.36
石の上で三人の神々が相談事したと言われる
神倉神社

かなりの急勾配の石の階段があります。
下から15分ぐらいで神社にはたどり着きます。
石の神社からは新宮市を一望出来て、とてもいい景色。

2013-01-03 10.14.12

 

2013-01-03 11.14.52 2013-01-03 11.27.42
那智の滝

 

 

2013-01-03 12.09.16

那智

大門坂那智の滝熊野那智大社

那智の滝周辺は、一昨年前の夏の土砂災害の被害が凄く、復旧作業がされてましたが、まだまだ掛かるようです。
そして、滝を見ると昨年、某ロッククライマーが登ったとの事。。。。
どこにハーケンなどを打ち込んだのだろうかと、探してしまった。

那智は昭和の香りのするお土産物屋さんが沢山で楽しかったです。

2013-01-03 14.17.35 2013-01-03 14.18.40 2013-01-03 14.24.20

最後に熊野本宮大社

いや〜八咫烏ユルキャラまで居てました。

なんだかんだ行き当たりばったり、移動中に見かけた所に寄る旅でしたが、
世界遺産熊野三山 三つの大社もお参り出来たので今年は行けそうな気がします。

本年も宜しくお願いします。

Life, 城、寺院、仏閣 , , , , , , , , , , ,

天空の城 竹田城跡

12月 3rd, 2012

信越北海道では『ヒィーハー!!』と、
快晴のPowでの滑り初めの皆さん遠吠えが聞こえる中、

俺はこの寒波を利用して前から気になっていた場所へ。
見頃は9〜10月らしいのですが、一気に冷え込むこの寒暖差ならもしかしたら見れるのではと、、、。

大阪市内から約二時間余りで幻想的な世界に。

日本のマチュピチュ
天空の城

とも言われている兵庫県朝来市(あさご)の竹田城跡へ。
朝来市?と言われてもピンと来ない方の為に、
福知山周辺。姫路の上。但馬牛の下。ハチ高原、神鍋高原スキー場に行く途中。
そんな市内からほど近い場所でこんな景色が見れます。

綺麗な雲海は見れませんでしたが、うっすらとガスが掛かっている幻想的な景色を見れました。
岐阜の稲葉山城と同じような断崖絶壁の山の山頂。
標高は350m程度なんですが、360℃見渡せる景色は圧巻でした。

 

 

 

歴史的建造物を見るたびに昔の人の凄さが伝わってきます。

今回の寒波のおかげで少し残った紅葉、遠くは関西では馴染みのあるハチ高原、神鍋高原スキー場方面、
標高600m以上はうっすら積雪。

足下を探れば、自然の神秘。雫の小さな果実が。

関西ではなかなか見れない紅葉と雪
晩秋〜初冬への季節の移り変わりが見れたのはとてもラッキーでした。

上から見る景色は春夏秋冬どの季節でも綺麗な表情を見せてくれると思います。
次は稲穂の実る満月の時か、
ラピュタの天空の城の様に見れる事がある、対面の山『立雲峡』からでも行ってみたいと思います。

そして、朝一面の雲海の時にこの特等席に座りたいと思います。
?今回、少しトラブルで遅刻しましたが、
それに怒らず、いきなりの誘いに乗ってくれたお二人さんARIGATOU-

 

帰りは明石にて、『明石焼』という感じに話をしていましたが、
姫路『どろ焼』なる、
たこ焼きのような、明石焼のような、もんじゃのような食べ物がある事を知り、食べに行きました。
?B級グルメなんでしょうかね?
これはこれで新しく美味しかったです。

PS.
竹田城跡の情報としましては、
この日は気温は3℃、寒波が入り込んでいたので急激な気温上昇もなく、長時間、薄く雲がかかっている状況が続きました。
日の入りから、気温が上昇を始める8時半頃までが雲海の見頃になるようです。
日の入りから見れるのが良いと思います。
雲海が頻繁に見えるってことは、雲が溜まっていると言う事なんでカッパは持っている方がいいでしょう。
麓に駐車場もありますが、停めれる台数が限られてますので、30分ぐらい歩くつもりで、スニーカーなど歩ける格好で行った方が良いと思います。
さてさて、今週末には関西でも滑れるぐらいの積雪が期待出来ると思います。

ほな。

 

アウトドア, 城、寺院、仏閣, 関西の山 , ,

奈良の大仏さん

11月 8th, 2012

北海道の友人が関西に帰ってきたので、
『どこか行こうか?』と聞くと、
奈良の大仏を見に行きたいというので、奈良公園に久しぶりに行って来ました。

いきなり待ち構えていたのは、公園入り口付近でフードフェス的なイベントをしていたのですが、
一際目立っていたのがココ。

トレーラーを改造してキッチンが、通路が、ラーメンを振る舞っていました。
この車1000万では出来ないでしょうね。。。
何やら大型スポンサーがついてましたが、500円のラーメンで、回収出来るんでしょうかね???と、考えてしまいますね。
規模のデカさに圧倒されましたし、宣伝効果としてはアリなんでしょうね〜。

そう、寄り道しましたが、鹿と戯れている子供、外人さんをそそくさと交わし大仏殿

デーンと構えてました。
天気がいいし、建物がデカイ
建物中の大仏も、よくよく見るとメチャクチャ大きいにのに遠近感が狂うのか?
なんかね、大仏もそんなに大きく見えないというか?近くにいるような感じ?というか???
錯覚させる作りなんでしょうかね???

ま〜人がいないとデカさが伝わらんけど、大仏は一階部分の大きさって事です。
デカイですね。

二月堂って所にカワイイ彫刻がありました。
行ったら探してみてください。

紅葉はまだ一週早い感じでしたが、いい雰囲気でした。

現在、100年ぶりの正倉院の修復により、奈良国立博物館により宝物展をしていましたので行って来ました。
1300年前の細やかな作り物、書物、衣類など、こんな物が保存出来ている正倉院という倉庫。
コイツが半端ない事がよく解ったような気がします。

ついでに仏壇展にも行きました。国宝ってやばいね〜
ここも意外に楽しかったです。
ついで、ついで、ついでで、色々行きました。
写真はあまり撮らなかったので、鹿や大仏は行ってみて楽しんでください。

後日、久しぶりにオーロラの様な夕日を見れましたが、そろそろ携帯カメラもアカンのかな?
良い色が伝わりませんかね。

Life, 城、寺院、仏閣