Archive

Archive for the ‘関西の山’ Category

大阪50山 四国山〜高森山

2月 25th, 2013

ソロで行動する時は、なかなか行かないであろう場所をチョイス。

今回は紀州山脈西端四国山〜高森山を巡ってきました。
2013-02-14 13.12.49

アクセスは公共機関、バスや電車では行きにくく、車でないと行きにくい場所です。

場所はこの辺ですhttp://www.tozan-web.net/mnt/938.html
南海加太線の加太駅で下車。県道7号を磯ノ浦方面へ歩いて「酒の花光」を斜めに入っていく。 しばらく進むと「坂田自治会館」があるのでそれを左へ。 道なりに進んでいくと和歌山市森林公園がある。 マイカーの場合、阪和道・和歌山北ICより県道139号線を西へ進むと県道141号線 との分岐した交差点があるので右折して少し北上していく。 さらに県道7号線との分岐した交差点があるので左折して県道7号線を西へ。 加太焼潮風窯があるので右折。しばらく進むと「坂田自治会館」があるのでそこを右折して 道なりに進んでいくと和歌山市森林公園がある。 四国山への登山口がその森林公園付近、入り口に恐竜のオブジェがお待ちかね

2013-02-14 15.04.57

 

2013-02-14 15.04.43

 

そこから公園を少し奥に行くと四国山への登山道が見えるので、そこに停車し入山。
2013-02-14 12.53.152013-02-14 12.55.06
2013-02-14 13.04.502013-02-14 13.05.26

 

なんか登園廃墟な感じで、トレイル内には横転したジムニーが。。。。
その辺からはジムニーが遊んだ形跡で二本のV溝がヒドかった。
20分ぐらい登ると公園が、
2013-02-14 13.14.06山頂広場らしいですが、なんか少し荒れてるし寂れてますね〜。
ここから分岐が沢山ありますが、一番右の四国山方面へ
2013-02-14 13.30.102013-02-14 13.39.08
四国山 241m
山頂には展望台
標高こそ241mですが、展望は360℃ビュー
2013_0214_1331302013_0214_133206上>南は右から、淡路島、友が島、沼島、サーフスポットの磯ノ浦、和歌山市内
下>北は右から、遠くは大阪市内、大阪湾、六甲山、神戸、関西国債空港

久しぶりに気持ちよい360℃ビューを30分程度で見れました。
もちろん、写真より大きく見れますし、前にも話しましたが、冬の時期は低山でも遠くまで景色が楽しめます。
ちなみに、この展望台の近くまで車で登れる道もあるので、夜景等は絶品でしょうね

さてさて、ここから尾根歩きで高森山目指します。
2013-02-14 13.19.16ここから見晴らしも大して良くない少しジャングル的な尾根を標高50mぐらいをアップダウンを繰り返します。
2013-02-14 13.58.52この尾根を境に大阪、和歌山の境界になっています。
高森山 285m
2013-02-14 14.12.05和泉アルプス西端
実は行って知ったんですがね(笑)
ココからの展望は遠くに明石大橋、下に加太港辺りが少し見えますが、四国山に行った後からではイマイチと感じてしまいました。
2013-02-14 14.11.14
ここは風も少ないので休憩し下山。
下山ルートは結構キツく、ここから登って来なくて良かったと思いました。
今回も行程2時間で下山。

下山後は、加太港近くの淡島神社塩壷(お歯黒石)なる痛みを無くし水が湧いているとの事でお参りに。
2013-02-14 15.21.36ひな人形など、沢山の人形が奉納されていました。
今回も想像していた以上の景色も堪能出来、いい運動になりました。
やっと事故の怪我の方も回復してきましたが、まだまだ時間はかかりそうです。

さて、次の散歩は何処に行こうかな?????

登山, 関西の山

永楽ダム公園周遊

2月 20th, 2013

今回は先日の雨山と登山口は同じ所から入り、ダムの周遊コースを歩いてきました。

2013-02-10 10.12.34

スタート位置は写真中央のダムの左から入り、登って行く所までは一緒です。
展望は大阪市内。この日は天気がよかったんですが、中国からの汚染物質、微小粒子状物質(PM2・5)なる物が最近、飛来しているので、黄砂の来るシーズンでも無いのに霞んでました。

2013-01-29 10.49.442013-01-29 10.54.46
雨山の案内も過ぎ、そのまま真っすぐトレイルなりに進むと、前回と同じ様な景色が楽しめます。
コースも低山の尾根歩きなので、少しのアップダウンを繰り返し見晴らしもいいです。
2013-02-10 10.51.32少しずつ降り、溜め池(江戸時代からの永楽ダムの由来)に出て、車道に一度出ます。
そこから展望台の方には幾つかのルートがありますが、そのまま一番奥の所からもう一度入りました。
2013-02-10 10.58.03手前に見えるのは山頂展望台、奥に見えるは先日行った雨山
一番ロングルートで回ると前回雨山時に下山した所から周遊出来ます。
こちらも尾根沿いを歩きますが、見晴らしはそうでもないです。
しかしながら、展望台の景色はこの周辺ではピカイチでしょう。
2013_0210_111049左から、雨山、すぐに関西空港、淡路島、奥には神戸、六甲山、大阪市内が見渡せます。
少し、霞がかっているのは残念ですが、、、、

今回のコースも2時間ぐらいで廻りました。
ここ展望台に登るだけなら20分もあれば行けますので、気軽にいけます。
ダムから見ると展望台は左の頂上です。
2013-02-10 11.36.36

冬は中国からの大気汚染が流れて来なければ、
大気中に不純物も少ないので、低山でも比較的綺麗な景色が見れますし、夜は星が綺麗に見えますので、
ナイトハイクもお勧めですが、展望が良いってことは風当たりもキツいので、防寒具はちゃんと持って登る事をオススメします。

なんだが、山登りばかりしてますが、なにか?????

さて、次回は紀州山脈西端の高森山(北山)レポです。

登山, 関西の山 ,

大阪50山 雨山 

2月 13th, 2013

はてさて、体幹トレーニングと称し、2時間ぐらいで往復出来るであろう低山を手当たり次第に探索しています。

今回は泉南市熊取町の雨山 315m

2013-01-29 11.01.20

ここは昔、雨山城って言う城跡がある小高い丘のような山

今回は入り口は永楽ダム広場の駐車場に車を停め駐車場横から出発。
2013-01-29 10.17.132013-01-29 10.21.03登り始めは整備された階段で始まりますが、所々岩肌が有り、楽しめます。

2013-01-29 10.31.412013-01-29 10.37.25

2013-01-29 10.44.122013-01-29 10.44.492013-01-29 10.49.44標識に従い道なりにアップダウンを繰り返し歩いて、ここの分岐で本道から分かれます。

永楽ダム周回トレイルはイージーな尾根歩きですので、多くのハイカーに会いました。
この日も沢山の方々とお話しながら歩きました。
2013-01-29 10.51.422013-01-29 10.53.33

分岐後、
2013-01-29 10.55.42次のこのポイントを右へ
この分岐からはまた景色が変わります
2013-01-29 10.54.46秋のフルムーンナイト時には黄金色に輝いてそうな景色が一望。
2013-01-29 11.17.48スタートからノンビリ1時間
尾根沿いをテクテク歩いているといい休憩場所が。
後で解ったんですが、ここお城があった時代、月見亭と言う名の場所だったようです。
自分が思っていた通りの場所のようで、今も昔も考え想像する事は一緒なんだな〜と、時空を超え共有出来たような気になって嬉しかったです。

山頂付近は色んな跡がありました。

2013-01-29 11.19.512013-01-29 11.31.24
2013-01-29 11.30.20

雨山山頂 315m

ここでも周辺のハイカーの方と色々話が出来、楽しい時間を過ごせました。

帰りは雨山城跡コースを降り下山
2013-01-29 11.34.372013-01-29 11.46.13コチラは杉の雑木林を10分程度で車道へ
2013-01-29 11.54.53ここから車道を歩き駐車場へ
休憩も沢山して周遊2時間

道と景色が良いコース。
真っ青な空とアップダウンの尾根をひたすら歩きます。
今回はウォーミングアップで来ましたが、 結構、良い感じのコースです。 三国山などの山々が見えて、海側には関空付近の 街と海が一望できました。
2013-01-29 10.48.33

登山, 関西の山

大阪50山 霊峰槇尾山601m

2月 6th, 2013

 

先日、やっと三角巾から解放されました。
腕は上がりませんが、解放された感がいっぱいです。
何事も拘束ってのは嫌ですね。

さて、それでも大した事も出来ないので、体幹トレーニングがてら、また山へ
近場ですが、ぜんぜん山は登らないので近い所も知りませんので少しずつ。
地元大阪は和歌山〜奈良まで続く金剛生駒紀泉国定公園の中間地点。

そして今回登った山はその尾根を縦走するダイヤモンドトレイルの終点
西国三十三所の第四番札所 施福寺のある槙尾山

2013-02-03 09.43.592013-02-03 09.45.37

節分と言う事もありこの山を選びましたが、凄く盛大に地元の方々が催し物をしていて、
登山者、参拝者で賑わってました。俺もせっかくなので振る舞いぜんざいを頂きスタート。
2013-02-03 09.48.02 2013-02-03 09.52.41 2013-02-03 09.52.58 2013-02-03 10.05.34参道の入り口から大きな門から綺麗な整備された参道を。
門から見える参道の景色ってのが好きですが、なにか境界線のように感じるのは僕だけでしょうか???
昔、長野県の戸隠奥社の門は潜れなかった事を思い出します。
2013-02-03 10.23.49施福寺
20分程度で到着。弘法大師 空海が出家したお寺として有名らしいです。
お遍路さんを回っている方にも数人お会いしました。
こういうのを機会に色々歴史なんかも調べたりするんで、そんなのも楽しくなってきてます。
ここからは東にはナイトハイキングした岩湧山金剛山が見えます。
思ったより早く着いたので、さらにお寺の奥に進み少し遠回りして、回り込んで山頂を目指します。
2013-02-03 10.53.22 2013-02-03 11.02.40 2013-02-03 11.00.47

 

山頂からは少し霞がかっていましたが、関西空港、淡路島が見えます
そこから5分ほどで、かなりイイ雰囲気の開けた場所へ
2013-02-03 11.34.522013-02-03 11.10.522013-02-03 11.34.132013-02-03 11.33.09蔵岩

360℃ビュー!!のまさかのロッククライミングスポット
景色もいいし、クライミングしてるし、ここで一服。
2グループしていましたが、60歳の夫婦と少し会話を楽しむ。

ここは上部のポイントは、比較的初心者向けのイージールートで新しい靴の慣らしで来たらしく、『幾つになっても出来るよ〜』と力強い言葉。
ここがイージールートか〜と思いましたwww
昔、yoと白馬の体育館で少しボルタリングしたけど、近くに無いし諦めてた分野。
ロープワークも覚えたいし、治療中で時間のある今、少しづつ勉強をして見ようと思います。

コルを挟んで下部から登っても来れるとの事を聞いたので、GPSを持って行っていたので、対面の尾根から下に降りれそうなので、登山道から少し離れを比較的楽に降りれそうな尾根から下に下る事に。
対面からはこんな感じ
2013-02-03 11.49.55ま〜ま〜厳ついな〜
コルを挟んで、この下もこんな感じでした
2013-02-03 11.54.34見にくいですが、真ん中に4人
下からアタックすると結構な距離でした。
ちなみに、この対面から見える道は探さないでください。地図、GPSがなければ遭難するかもしれませんので。

今まで、海外の救急車の中でばったり友人に会ったり、離島で友人に会ったり、『世間は世界は狭いな〜』なんてよく思っていましたが、、、、、

世間は狭い、世界は広いようで狭い。
地元の事もまだまだ何も知らない事ばかり、色んな事に壁を作らず、吸収し、まだまだ登っていこうと思いました。
今回は、なかなか良い物も見学出来、良い経験でした。

アウトドア, 城、寺院、仏閣, 登山, 関西の山 , ,

和泉葛城山 牛滝ルート

1月 29th, 2013

片腕三角巾で、仕事も出来ず、体が鈍っているので家からほど近い葛城山(858 m)へ

登山初心者や、山ガールにはお薦めのハイキング的なイージー登山の出来る低山です。

意外に知られてませんが、和泉葛城山のブナの原生林は、低い標高のブナ原生林としては珍しく、また群生の南限地としても知られ、天然記念物に指定されてます。

もっともポピュラーなルートは、林間学校などで使う機会が多い、
登山ルートA  南海蕎原バス停スタート
登山ルートB? 南海塔原バス停スタート
犬鳴温泉ルート

なのですが、もう一つルートがあります。
それが牛滝山ルート

コチラも南海牛滝山バス停からスタートですが、車で行ったので、近くのいよやかの里に駐車。
右に上がると登山道ですが、左に私有地と書いている方へ行くと、

2013-01-24 12.01.152013-01-24 11.58.00

 

牛滝山  大威徳寺

2013-01-24 11.54.582013-01-24 11.54.38

ここから滝と書いてある方へ境内を歩いて行くと、滝の流れる音がドンドン近くなり、
一の滝、二の滝、三の滝が見えてきます。
2013-01-24 10.08.402013-01-24 10.11.57
音、ミスト、景観もよくいい滝です。
ここから滝のそば抜け渓流を歩いて登って行くんですが、そこがまたいい感じです。

2013-01-24 10.18.162013-01-24 10.17.06

2013-01-24 10.20.42

2013-01-24 10.22.41

 

道はどこも整備され、石畳の階段などもあり風情もありますが、、、、

2013-01-24 10.18.36

2013-01-24 10.26.53 2013-01-24 10.24.21

こちらのルートも昨年からのゲリラ豪雨により被害があり、本コースへ渡る石畳も流され形もなかったり、滝のそばが崩れてる所もあるので気をつけて歩いてほしいと思います。

さて、本コースに合流後は、ほとんどの険しい所は階段になっており、杉林の中をとても歩きやすく登っていけます。
2013-01-24 10.34.18 2013-01-24 11.08.53 2013-01-24 10.42.47 2013-01-24 11.09.07
こんな感じの道を二十一丁目まで約1時間程度
二十一丁目まで来ると、尾根沿いのフラットに近い車道で30分程度で山頂に着きます。
一丁目〜二十一丁目まで一丁目ごとに片手に持つ物がそれぞれ違うお地蔵さんがいてますので、そんなのも見ながら歩いて登るのもいいと思います。

数年前まで、ロード自転車の方々で賑わっていましたが、2013年1月現在、未だに車道は土砂崩れの復旧工事の為、通行止めになっております。
今春〜夏までには工事が終わると思いますので、自転車の方々はもう少し我慢ですね。

健康の為に舗装道路をウォーキングしている皆さん
硬い舗装路より、体に優しく、景色が変わり、全身を使う軽登山どうですか????
片手三角巾でも登れる山です。
この山の登山ルートほとんどが温泉スタートなんで、帰りに温泉入って帰れますし、おすすめです。

たまにはこんな提案もいいでしょ。

 

城、寺院、仏閣, 登山, 関西の山 , ,

天空の城 竹田城跡

12月 3rd, 2012

信越北海道では『ヒィーハー!!』と、
快晴のPowでの滑り初めの皆さん遠吠えが聞こえる中、

俺はこの寒波を利用して前から気になっていた場所へ。
見頃は9〜10月らしいのですが、一気に冷え込むこの寒暖差ならもしかしたら見れるのではと、、、。

大阪市内から約二時間余りで幻想的な世界に。

日本のマチュピチュ
天空の城

とも言われている兵庫県朝来市(あさご)の竹田城跡へ。
朝来市?と言われてもピンと来ない方の為に、
福知山周辺。姫路の上。但馬牛の下。ハチ高原、神鍋高原スキー場に行く途中。
そんな市内からほど近い場所でこんな景色が見れます。

綺麗な雲海は見れませんでしたが、うっすらとガスが掛かっている幻想的な景色を見れました。
岐阜の稲葉山城と同じような断崖絶壁の山の山頂。
標高は350m程度なんですが、360℃見渡せる景色は圧巻でした。

 

 

 

歴史的建造物を見るたびに昔の人の凄さが伝わってきます。

今回の寒波のおかげで少し残った紅葉、遠くは関西では馴染みのあるハチ高原、神鍋高原スキー場方面、
標高600m以上はうっすら積雪。

足下を探れば、自然の神秘。雫の小さな果実が。

関西ではなかなか見れない紅葉と雪
晩秋〜初冬への季節の移り変わりが見れたのはとてもラッキーでした。

上から見る景色は春夏秋冬どの季節でも綺麗な表情を見せてくれると思います。
次は稲穂の実る満月の時か、
ラピュタの天空の城の様に見れる事がある、対面の山『立雲峡』からでも行ってみたいと思います。

そして、朝一面の雲海の時にこの特等席に座りたいと思います。
?今回、少しトラブルで遅刻しましたが、
それに怒らず、いきなりの誘いに乗ってくれたお二人さんARIGATOU-

 

帰りは明石にて、『明石焼』という感じに話をしていましたが、
姫路『どろ焼』なる、
たこ焼きのような、明石焼のような、もんじゃのような食べ物がある事を知り、食べに行きました。
?B級グルメなんでしょうかね?
これはこれで新しく美味しかったです。

PS.
竹田城跡の情報としましては、
この日は気温は3℃、寒波が入り込んでいたので急激な気温上昇もなく、長時間、薄く雲がかかっている状況が続きました。
日の入りから、気温が上昇を始める8時半頃までが雲海の見頃になるようです。
日の入りから見れるのが良いと思います。
雲海が頻繁に見えるってことは、雲が溜まっていると言う事なんでカッパは持っている方がいいでしょう。
麓に駐車場もありますが、停めれる台数が限られてますので、30分ぐらい歩くつもりで、スニーカーなど歩ける格好で行った方が良いと思います。
さてさて、今週末には関西でも滑れるぐらいの積雪が期待出来ると思います。

ほな。

 

アウトドア, 城、寺院、仏閣, 関西の山 , ,

ナイトトレッキング 岩湧山

8月 2nd, 2012

毎日毎日、暑いですね〜
こればかり言っていると言われましたが、、、、夕立さえもない快晴の2週間。
仕事〜寝る〜仕事の繰り返しの負のサイクル。。。。。

毎日、色鮮やかな夕日は綺麗ですけどね〜♪

先週は地元岸和田の花火

小高い場所からマッタリ観ました。

さて、昨日8/1 Hiな日に色々見せて頂きました。
仕事が若干早く終わりそうだったので、SK8行くかとT/Tに連絡すると、近くの山に山頂からPLの花火を観ると。

しかし、早く終わるとはいえ、さすがに明るい時間には俺は行けないと。。。。。
しかし、少し興味はあったのですが、炎天下での仕事で疲れてる。。。。
という、言い訳をしているからアカンのだと!!生活リズムを変える為に乗っかりました。

家を出発してすぐにいい兆し
久しぶりに観ましたッW!!
昨年に完璧なWの虹を観ましたが、今回のコレは大きかったし、クッキリでした。
この時間帯。月はデカイわ。夕日で後ろは赤いわ。360度、とてつもない景色で少し怖さを覚えるぐらい綺麗な景色に囲まれながら移動。

目指すは関西の全長約50kmのロングトレイル、ダイアモンドトレイルの序盤の山、岩湧山@897.7m

和歌山、奈良の方々には悪いのですが、このダイトレを繋ぐ金剛和泉の山々により、
大阪は台風等の自然災害時でも何事もなく、いつも守ってもらっている天然の防壁だと思っています。

到着時はもう日も暮れ真っ暗。。。。
この麓の滝畑ダム、TVでもUPされる心霊スポットでかなり有名な場所。。。。。
ホラー映画すら観れない俺。。。。。

しかも、ソロ(一人)
4Km 約120分との掲示。。。。
気温は25℃
現在、、、、、19:20。。。。。
花火スタートは20:00。。。。。

んんんん〜色んな所一人で行っていますが、初ナイトトレッキングはソロ
で、軽いタイムトライアル???
では、約束の山頂へ
まだ少し空は明るく、セミの鳴く声が聞こえていたのはたった2〜3分。

静寂の登山道
あまり気にしなかったのですが、暗くなると一瞬に頭を過るのは怖い話www

けど、嫌な空気感はしない。
けど、すぐには違う事を考える(笑)
こんな時にトトロに会うんだろうな〜?
ホンマにいてたら、それの方が怖いだろうな〜。。。
あっ!また怖い系へ。。。。。。。

もうなぜか??後ろを振り向く事は出来ません(笑)

たまに見える月は少し欠けていますが、満月で明るく照らして心を和らいでくれました。

妄想迷走の時間ですね〜。

なんやかんやで、花火の音が。。。。。
尾根沿いに出てからは、雑木林から夜景と少し花火も見え隠れ。
なんとか1時間で山頂メイク。

山頂には10数人いてて、意外に人がいることにビックリしました。
で、お決まりの山頂BEERで乾杯〜!!!!
俺の到着まで飲むのを待っていてくれた優しいT/T夫婦、ありがとう〜。

Hiペースで登り、Hiテンションな俺。Hiな花火Loに観ながら雑談。

最後の花火は空をも明るく照らす、メチャ綺麗な花火でした。
この写真では綺麗な感じは伝わりませんが、空の雲は綺麗に映し出されてますね〜。

下山は楽しく話しながら三人で
しかしながら、この歳でソロナイトトレッキング人生におけるスキルはとても上がりました
いい経験でした。
そして、後ろを振り向けない俺は冒険家にはなれない事がハッキリ解りました。

たった数時間で幾つもの素晴らしい景色に出会え、経験し、楽しんだ時間。
疲れていても動かないとアカンと再確認。誘ってくれたあんがとう〜

また来年も行こう〜。

 

アウトドア, 登山, 関西の山 ,

@兵庫県 氷ノ山 

2月 6th, 2012

2012/02/05

長い長い間、停滞していた大寒波を一日も滑らず終わった2週間

今年は出来るだけ、人と時間を合わせ滑ろうと計画するも、毎回毎回歯車が合わず、、、
キャンセル。
無理に慣れない事をするもんではないですね。

 

長年雪山で遊んでいますが、実際、西日本の雪山の事を知らない俺は、

昨年からゲレンデMAPGoogle earth国土地理院MAPをフルに使い山探索しています。

昨年は滋賀福井飛騨。面白くないと言われてたゲレンデさえ、リサーチすれば楽しめます。
今年は兵庫福井に行きたいと思っていたので、行って来ました。お決まりの一人で。

氷ノ山 1510m

ま〜噂に聞いてましたが、よかったです。
今回は一人のBC、滑ると言うよりは視察。

滑らない場所も二カ所ピットを掘って状態を確認したり、山頂からの雰囲気を掴みに夏山のトレイルからアプローチ

スキー場パトロール小屋で、登山届けを出し、情報を収集。

東尾根コース: 氷ノ山国際スキー場(奈良尾キャンプ場) ⇒ 東尾根避難小屋 ⇒ 神大ヒュッテ ⇒ 山頂避難小屋

途中、少しトラブルもあり、標高のわりに時間がかかり、登り3時間程度でした。
途中で山頂付近で野営していて、下山される方などから情報を集め、いい景色も見れ、勉強になりました。
この日は裏に一本滑り、登り返しでしたが、一日二本は回せるルートを見つけたので、次回は違うルートでアプローチして滑りメインで行きたいです。

一人なので、のんびり時間を使えました。そして、下町刑事は足で稼ぎます。
こんな感じで、山頂付近は蔵王や八甲田のようでした。

初めての山は勉強になることが多いです。
あ〜しかし、ソフトシェルのジャケット欲しいわ〜

 

 

 

アウトドア, バックカントリー, 登山, 関西の山

百名山 伊吹山滑走 

2月 11th, 2011

ご無沙汰です。

風邪っぴきで期待していた連休寒波の前にダウンしてました。

この太平洋寒波により、北信越辺りの言い方では『カミユキ』

大阪でもこの通り
ずっと降り続いています。

そして、風邪の為、寒波は来ても滑りに行けず、、、、、

今日は富山あわすのスキー場にて、Bowlのイベント〜

行けず。。。。。。

明日は白馬で「MOUNTAIN WAVE presented by Live Naturaly」

これも行けそうにないです。。。

替わりに皆さん楽しんで来てください。

で、

先週末の事です。

フラッと行ってきました、

日本百名山の伊吹山


ま〜元々ゲレンデ滑りに行く予定でしたが、、、、、、

朝3時に友人を迎えに行くが、、、、

起きない。。。

電話しても3回目かけたら、電源が入ってない。。。。。

ま〜起きんもんは仕方ないし、一人で遠くに行くテンションでもないし、、、、

一人作戦タイム。

なんと無くゲレンデ一人のテンションじゃないし、

去年に少し考えてたポイント 伊吹山

篭ってる時は、よう一人でポイント捜しに山行ったな〜と思い。

道具は全てあるし、、、、。

無いのは地図!!!

そう、ここでスマートフォン!!!

今はコイツで、何だって検索出来る!!!

国土地理院の地図が!!!

ま〜スマートフォンアプリ(ソフトみたいなもん)あるし、

すぐGET!!!

少し散歩がてら行ってみました。

まず、入山届け

で、

フットワークの軽い信頼出来る友人に、

行き先、最低予定下山時間等を連絡。

なにより先より、これ一番大事な事です。

小さい時、オカンに言われませんでしたか?

『ドコ行くんや〜?何時に帰って来るんや〜???』

出かける時は忘れずに。

ま〜これで知識のある方に、遭難しても捜索願い出してもらえます。

で、一礼し入山。8;30

とことこ、林道を歩き、むかし営業していたゲレンデペンションエリアここまで30分。やっと一合目。。。。

ここで、

GO PROメモリーカードが入ってなく、撮影出来ない事に

気付く。。。。

意外に登山者の方も居て、予想以上にハードパック。。。。

上に行けばイイかな???

ま〜ぼちぼち天気もよくのんびりゆっくり。。。

元ゲレンデピーク到着 10;15

見えました 伊吹山山頂

標高は低く森林限界の山では無いんですが、花コウ岩の山で木はあまり生えないらしいです。

だから、昔から奉られてた神なる山

次は真ん中辺りの避難小屋まで〜

途中、ベースキャンプがありました。

この日は温かく、パウダーではないので2月でも春みたいでした。

しかし、

後少しで小屋ってところで、、、

この辺から急に風も強くなり出し、山頂付近は雲に覆われガスってきました。

更に気温も下がり出しました。はい、小屋着 11;30

ここからはかなりの急勾配!!!

で、少し早いが山頂はガスだし、風も強くなってきているので、

ランチにとも考えましたが、、、

その時、ビールを忘れた事に

また気付く。。。。。

腹も減ってないし、もうええかな〜思って山頂で飯にしようと。

ここから、ガスで視界が10mぐらいの中、

斜度50度ぐらいの所を直登!!!!

直登にて標高400m上げました。

距離ではなく標高です。距離にしたら1kmぐらいかな???

かなりこれはしんどいでしょ(笑)

しかし、時よりガスが晴れ、幻想的でした。

のんびりと登りきり、9合目 12;30

ここまで来れば、ほぼフラットやから、もう着いたも同然

しかし、、、

風邪、、いやっ!!風が強い!!

山頂の神社はこんな感じ
隣は夏してる土産小屋

完全に埋まってます。

標高が1300mとは思えない景色でした。

寒いので、そそくさと登頂記念写真を撮ってもらい、帰りたいけど人が居ない。。。

見かけた人にいきなり撮ってもらい、こんなへんな写真。。。。

小学生並みの棒立ちです、、、、

ヤマトタケルに願い事し、足早に帰路へ

最後ぐらいはガスも晴れてくれる事を願い尾根をトコトコと。

少し岩陰でウェーティングしてるとガスが抜けました!!!!

は〜最後よければ全てヨシ!!

上だけでしたが、ま〜楽しめました。

下まで着くと完全にガスが晴れ山も見えました/
もうここは登らんやろ〜な。

計4時間程度の登りでした。

では、皆さんよい週末を。チャオ。








Snowboard, バックカントリー, 登山, 関西の山 , , ,

甲山森林公園 

11月 22nd, 2010

本日も朝一からは、

K山 ルート230へダウンヒル

本日は
昔、若い頃にスノーボードで、一緒にムチャクチャしてた友人
キャプテンとダウンヒル

一緒の自転車でビックリしたわ〜!!!
久しぶりに走る言うてたけど、昔からヤッテルから乗れてたわ〜
いつもと違う人とセッションはおもしろかったです!!

.

.

さて、この日はここから家の用事をテキパキ済ませ〜

いざ!!!

尼崎へ

先週から北海道から帰ってきてる友人ガンダムホームタウン

そして、

西宮の甲山森林公園

.

2時頃に着いたのですが、天気もよかった事もあり、

路駐やら車が一杯!!!

マイナーな公園と聞いてたのにメチャ栄えてました。

まず、公園上部にある

神呪寺(かんのうじ、神咒寺

名前はなんや怖い感じですが、

「神を呪う」という意味ではなく、甲山を神の山とする信仰があり、この寺を神の寺(かんのじ)としたことによるという。なお、「神呪」(じんしゅ)とは、呪文マントラ真言とほぼ同義で、仏の真の言葉という意味がある。

お寺から大阪方面を一望
こっちから見るのははじめてかも?
天気が良ければ生駒山やら和歌山の方まで見えるらしい。
生駒山からの大阪はこんな感じ
どっちも携帯写真では曇って違いが解らんね。笑

お寺は紅葉も綺麗で
.

.

.

久しぶりに煩悩を消す為に鐘を打ちました。
でかくいい音が響きわたりました。

そこから旧参道を歩き森林公園へ
公園に入った瞬間の感想から言うと、、、、

とても?異常に整備が行き届き、トイレが一杯。汗。

少し歩くとすぐトイレ?
女性に優しい公園??大人の意見から言うとバブルの産物??

お洒落な公園

いきなりムチャ高い橋の上から紅葉が見えます
で、、、、、、、、、、、
ん????????

なんかイキナリ海外の公園、遺跡に来たん?!!!
進んで行くと色んな国の石で作ったオブジェが、、、、、

憶えてるだけで、
日本、台湾、ノルウェー、イギリス、トルコ
石好き??にはたまらんのちゃうかな??????

日本の石だけは細工無しの天然で場所も後ろにモミジがあり☆☆☆☆☆

甲山を背に
んん??
噴水メッチャ出てるやん!!
それもミスト!!!

天気の時は虹見れるやろ〜な〜♪♪♪
人工的にでも完全にマイナスイオン出まくり です!!

けど、、、、

展望台目指して歩き始めたのに、、、、、

しかし、

トイレは一杯あるのに公園内に看板がないねん。

意図的か、看板がない為、オートでウロウロさせられる。。。。。。。

異常に高い場所に架けられた橋、

さっきの遺跡のような所、

かなり計算されてる感じがしてきた!!!!!!

ますます、有名な設計士が入りバブルの産物かと、、、、。

しかし、帰って調べると、

建設昭和45年と歴史も古く、

ほんまいい設計で公園の散歩が楽しいやん!!

って、思ったのはセントラルパーク以来久しぶりでした。

軽い気持ちで行った公園はとてもいい収穫でした。

甲山 標高309.4mの麓の公園

ここからは兵庫も一望できる展望台
関西学院 ヴォーリズの西洋建築の見えますよ。

やはり、兵庫の大阪湾側の山間部はお洒落でした。

次は、芦屋 六麓荘に未来の夢の家を見にいこうよ。笑っ

ヒコニャん?????



アウトドア, 登山, 関西の山 , , ,