Archive

Author Archive

大阪から日帰りバスツアー

12月 18th, 2014

 

 

◇申込み受付:EThssスノー店

自家用車、スタッドレスの持っていない方、女性ばかりでなかなか雪山へ行けない方、学生の方。
創業40周年の大阪の老舗snowborad shop
ETHSSが繰り出す日帰りバスツアーの日程が決まりました。

2015/1/18 (日曜)
場所はスキージャム勝山
集合場所はETHSS(駐車場は近辺にタイムスがあります)
定員40名
集まり次第受付終了致します。
申し込み受付はEThssスノー店、自転車店にて
0725-44-1708 北口まで

News

Outdoor sports films | Screening party 報告

12月 2nd, 2014

自身で開催したイベントは何年ぶりだろうか??
先日に告知させて頂いたイベント
Outdoor sports films | Screening party in Osaka 2014
1450168_960503890643925_515113089003799416_n
SNSのみの告知でしたが、100名余りの方々にご来場頂き、ありがとうございました。

遠くは長野から来て頂いた二人のクリエーター

wood house studio
https://www.facebook.com/…/WOOD-HOUSE-Studio/751294648271694

mdm productions
https://www.facebook.com/pa…/mdm-productions/172134906200891

[in my life] 出演の佐野ヒロ君にゲストで来て頂き、無事に終了しました。

写真 2014-11-16 21 10 50写真 2014-11-16 21 10 42
写真 2014-11-25 10 45 43 写真 2014-11-25 10 45 56 写真 2014-11-25 10 45 59 写真 2014-11-25 10 46 04 写真 2014-11-25 10 46 09 写真 2014-11-25 10 46 36
何せバタバタとしていた為に写真は自分で撮影出来ていなかったのですが、
当日参加して頂いていた写真家の平松さんのPCから拝借しました。
https://www.facebook.com/kazokulocationphoto?pnref=lhc.recent

コレをみて沢山の笑顔が見れて良かったな〜と思いました。

当日、DVD購入者だけにプレゼント用にMIXCDを制作してくれたDJ River

靴だったり枕だったりの段ボールをリサイクルして作ったCDケース
Re:cycleなカッコいいケース
こういうアイデアの持ち主最高です!!
写真 2014-11-29 20 35 38

協賛して頂いた

写真 2014-11-16 17 58 51写真 2014-11-19 17 16 30

写真 2014-11-16 15 54 26写真 2014-11-16 17 41 46写真 2014-11-16 15 58 31
SPY
http://www.spyoptic.jp/
豊田商店
http://www.toyoda-shouten.com/
nakota
http://www.rakuten.co.jp/lakota/
moca
http://www.moat.jp/moca/
AREth
http://www.areth.jp/

スタッフとしてお手伝いして頂いた
マサヤン、成田さん、ヤスマサ、ユリちゃん、ミサちゃん、本当にありがとうございました。

初めての方、懐かしい方、本当に沢山の方々に参加して頂き、皆さんと話させて頂きとても楽しかったです。
喋るのは苦手なんですが、次回までにはもう少し喋れる様になってるでしょう(笑)

今回はビル群の都会でお会いしましたが、来れなかった方々も次回は日本の四季折々の自然美豊かな場所でバッタリお会いしましょう。
Processed with Moldiv

『旅を思い出すことは、人生2度 楽しむ事だ』

2104年ももう少しですが、良き出会い、良き思い出を。



MTB, News, Snowboard, アウトドア

11/16 Outdoor sports films Screening party

11月 9th, 2014

ご無沙汰しております。
みなさん、お元気でしたか???
ウチのMacちゃんがとても機嫌が悪く、なかなかこのサイトも放置気味になっていました。

少しずつまたUPして行きたいと思っています。

で、数年ぶりにですが、
11/16
昨年、自身がプロダクトに参加させて頂いた映像を集めまして大阪心斎橋でイベントを行います。

17時〜22時を予定しております。
誰でも参加出来るイベントなので、フラッと立ち寄ってみてください。
人、景色、思考、沢山の出会いがあると思います。

1450168_960503890643925_515113089003799416_n

?アウトドアスポーツの世界を身近に感じられる上映会 –
Outdoor sports films | Screening party in Osaka 2014

11/16
Open17:00〜22:00
チケット1000円(1drink)

大阪市西区新町1-25-14 nicinaビル

 

自然の中に身を置くと人間の存在の小ささと共に自然の雄大さを感じるとることができます。
大自然での冒険を体験することは簡単ではありませんが、アウトドアスポーツを通じてなら身近に自然を感じることができ、冒険を体験することができます。
プロであるか趣味の範囲か… そのようなことは関係く自然には垣根はないのです。

今上映会では、大自然と真剣に向き合うプロフェッショナルに注目した作品はもちろん、アウトドアスポーツを遊びとして表現されより身近に感じられる作品まで、日本発の他ジャンルなアウトドア映像作品を集めました。

スノーボード、マウンテンバイク、トレイルランニング、フライフィッシング。

すべての発着点は遊びから。
この上映会も然り。
何かを感じ自分のフィールドを拡げに来てください。きっと心に響く作品に出会えるでしょう

「From The Trails」特別上映版
woodhouse studio

「IN MY LIFE」
mdm productions

ゲスト
mdmのプロデューサーRanran. 氏
「IN MY LIFE」出演の佐野吉洋氏

snowboarders file “In My Life” TRAILER episode2 from mdm productions on Vimeo.

DJ river

夜は少し肌寒くなりますが、秋深まる大阪で、お酒を片手にアウトドア映画に浸る一時を共有しましょう。

お待ちしております。

https://www.facebook.com/events/707115692705718/?notif_t=plan_user_joined


大きな地図で見る

News

念願の火打山滑走

5月 15th, 2014

滑りたいと思い、夏山登山で下見に行ったのは4年前
当時の記事
http://www.join-earth.com/?s=火打山

やっとタイミングが合い実行に移る事が出来ました。

4/26.27

前回の夏山登山はテント泊でしたが、
今回は滑走に重きを置いているので、高谷池ヒュッテで1泊2日の山小屋泊
ルートは黒沢から上がろうかと思っていましたが、数日前の雨により崩落している恐れがあるので、入山は夏道ルート
準備してるとその高谷池ヒュッテの小屋番長
星野俊輔とバッタリ遭遇
『必要の無い物はないか?』と頻りに聞くのでシュン君の荷物を見てみると10日間の食料、ギター、カメラ、
飯と遊び道具しか持ってなかった。
それでも結果から言うとスプリットボードとは言え、俺達より重い荷物で1時間半も早く山頂に到着していた。
20kg強の荷物とギター背負う人を見たのはキカイダー以来だ。
さすが上越のヒーロー
写真 2014-04-26 8 43 08写真 2014-04-27 20 08 54
写真 2014-04-26 14 37 42巨木の森を抜け、のんびりと4時間ほどかかり、黒沢岳から火打、焼山を望むポイントからドロップ
写真 2014-04-30 19 21 591897899_846769418684040_6988563214291260661_n @230 ?photo@michie

いいザラメで気持ち良くてそのまま下まで滑り降りてしまうところでした。
この一本で本日は終了〜
結局、景色を楽しみ遊びながら5時間ほどで高谷池ヒュッテに到着BEER~~~~~

写真 2014-04-26 16 39 51

登り始めから、終始一緒のペースで登っていて仲良くなったテント泊のテント泊登山のシンタさんクマさんとも、到着を祝いBEER~~~~

写真 2014-04-29 17 02 07

山登りをしていると一期一会の出会いってのは、嬉しく楽しい出来事です。

夕飯はサーフィンでパンプアップされすぎて、エプロンがパツンパツンの番長がカレーを。。。
写真 2014-04-26 17 28 06写真 2014-04-26 17 28 13カレーとハヤシ二種類選べて、おかわり自由
おかわり自由。。。。。なんて幸せなんでしょう〜

夕飯後は夕日、星、夜景を堪能〜
夕焼山、夕焼火打
写真 2014-04-26 17 58 57

写真 2014-04-27 20 09 01写真 2014-04-26 19 39 56ヒュッテ、ヒュッテ前のテント場
写真 2014-04-26 20 01 39 写真 2014-04-26 20 22 40気温も低く空気も澄み渡る中、星は降って来そうな景色に囲まれ、幸せな時間を。
小屋に戻れば、まだまだ時間もあり、消灯後も年代物の石油ランタンでしっかり最後まで飲ませて頂きました。
写真 2014-04-27 20 07 58写真 2014-04-26 21 02 14写真 2014-04-26 21 05 56小屋には年代物のランタンが沢山あるので、今年は全て修理してランタン小屋にしようと計画しているみたいなので、この夏は一度、高谷池ヒュッテに行ってみてはいかがですか???

翌朝、日の出を見に5時起き

写真 2014-04-27 5 23 58
フィルムクラスト写真 2014-04-27 5 27 53写真 2014-04-27 5 30 47写真 2014-04-29 13 30 22写真 2014-04-27 5 55 19夜も朝もしっかり景色を楽しみ、ここからが本番
タイミングよく一緒のタイミングでこの場所で久しぶりの再会をした上越のかっ飛びガールズライダー、トモともここでお別れ
写真 2014-04-27 8 24 43 (1)
ノンビリ2時間ほどで山頂へ
写真 2014-04-27 11 04 05山頂では一足早く登頂していたシンタさん、クマさんがお出迎えしてくれました。
写真 2014-04-27 10 42 52ほんとこの御二人も、関東から前日遅くまで飲んで4時間ほど運転してテント泊装備で登頂。
ほんとパワフルで頼もしい方々でした。
また山での再会したいですね

狙っていたポイントは今回は状況的に滑れませんでしたが、ま〜他のラインを選びましたが楽しかったです
写真 2014-04-30 19 22 03@230 ?photo@michie

写真 2014-04-27 20 07 50黒沢岳
写真 2014-04-29 13 30 39写真 2014-04-27 20 09 12下山は有り難いことに、朝別れたトモが黒沢から滑り降りると言う事で、下山ルートの確認情報をくれたので黒沢岳を下り、黒沢ルートで駐車場まで板を外す事無く下山出来ました。
前回、夏に登った際は分からなかったんですが、
黒沢から合流する橋の手前で見える隆起した地形はとてもスゴかった
写真 2014-04-27 15 52 07こんなに競り上がってる地形は初めて見ました。
最後まで自然の凄さをまた実感させて頂きました。

助かったよTomo、ありがとう〜!!!!
最後は鳥新で〆
写真 2014-04-27 18 02 46下山後のBEERと肉は体に染み渡りました。

今回も新しい出会い、新しい景色、沢山の思い出ができました。
また次はあの沢を滑りたいし、もう少し早い時期にあの沢を滑りに行きたいと思います。

お粗末な文章ですが最後まで見て頂きAZS


Snowboard, バックカントリー, 新潟の山, 登山 , ,

4月 春うらら お疲れさま おめでとう はじめまして

4月 27th, 2014

4月のスタートは
今回も懲りずに公共機関の電車とバスを使い、八方バンクス最終イベントへ
直行バスがないので、長野駅〜白馬へ
写真 2014-04-06 15 10 32八方に到着すると宿泊先になるどんぐり村の布施君がお出迎え
白馬でガイドを務める彼は昨年、fall lineにも写真が掲載された写真等が飾られてる暖炉のあるええ感じのお宅
写真 2014-04-06 7 54 46自身が滑っている不帰二峰の写真は圧巻。
いつかタイミングがあえば、あそこは滑りたい場所。

最終イベント自体は春を思わせない降雪で生憎な天候でしたが、沢山の人で盛り上がってました
写真 2014-04-06 13 53 29 写真 2014-04-06 13 52 55電車帰宅の為、若干早めに上がりましたが、少し時間があったので富山駅周辺の花見スポットで暇つぶし
写真 2014-04-06 19 17 09写真 2014-04-06 19 09 03移動はやはり疲れますが、沢山の人、景色、郷土を感じ取る事が出来るので、やはり好きですね

翌週は神戸の友人の二次会
芸能人の様な名のある二人なので、生歌、ダンス、ま〜華やかでした。
久しぶりに会うベイダー、正和、コウタロウちゃん、記憶が曖昧ですが朝まで楽しかった
写真 2014-04-03 20 19 50写真 2014-04-04 12 34 32太郎&リサ おめでとう〜!!!!!
写真 2014-04-03 20 18 43
春になると帰阪する友人も多く、仁和寺へ花見に行ってみました。
背が低く少し遅く咲く御室桜は満開の時期で奥に見える五重塔がまたいい雰囲気を出してました。
写真 2014-04-13 13 30 46敷地内にある御所は花見客の多さに隠れ以外にも人が少なくのんびり出来ました
写真 2014-04-13 13 20 46写真 2014-04-13 14 51 21写真 2014-04-13 15 22 32

手入れの行き届いた廊下は何となく柔らかく優しい感じの踏み心地でした。
桜と同じく新緑のもみじが実は好きです
写真 2014-04-13 13 57 29そうそう、我が家に新しい家族が4月に増えました
写真 2014-04-19 21 15 30外国の小型犬に押されて人気が無くなって来ているとは言え、せっかく飼うなら日本犬。
丁度、友人のお宅で産まれたと聞き頂いて来ました。
天然記念物に指定されている紀州犬
和紙作りの立派な血統書にビックリしました。
写真 2014-05-25 8 26 26
写真 2014-04-20 15 45 09あれから1ヶ月もするとすくすくデカくなり、スラッとしてきました。
写真 2014-05-26 9 40 55やんちゃな小娘ですが、ヨロシクお願いします。

Life, 城、寺院、仏閣

3月を振り返る

4月 25th, 2014

お久しぶりです。

パソコンがまたもや調子が悪く…

もういい加減買い換え時ですかね。。。。

もはや、とも思われますが、3月まで振り返ってみます。

 

3月の最終の週末
高速道路の値引きが来年から削減されると言う事で沢山の雪山移動ルートを調査するたびに公共機関を使い移動。
写真 2014-04-04 20 44 48
写真 2014-03-20 16 07 39

 

20代の頃を思い出します。
この日はゲレンデで会うも電車移動のため到着が遅れセッション出来ずでしたが、ローカルらしいナイスアドバイスくれた
RunRun.
写真 2014-03-21 11 15 41来期は久しぶりに映像を出すらしいですよ〜

ここ数年なかなかタイミングが合わなかった東京のP社の友人とセッション。
ここぞと言うタイミングでセッション出来ました。
写真 2014-03-22 7 24 55
俺の加入により、大所帯になりましたが皆さんかなりの滑り手でこの人数でもスムーズに回せ、シーズン最高と思われる雪だったです。
沢山のいい刺激ももらえ楽しかったです。
写真 2014-03-28 18 58 03

写真 2014-03-22 10 32 06rider@take

写真 2014-03-26 18 50 44
rider@230 ?photo@michie
写真 2014-03-30 16 37 53rider@230 photo@yuki ishida
また新たな出会いで最高でした。

Riverが白馬に滞在していたので、久しぶりに八方BCを試みましたが、、、、かなりの強風の為撤退
写真 2014-03-23 10 33 43
写真に写るぐらいの暴風でしたが、こんな天候でも雪面に這いつくばり、登坂している方々、行こうとしている方々に、アイゼンないとアブナいですよ〜なんて声をかけながら、山頂小屋で早朝BEER~!!!!!
写真 2014-03-23 10 51 26そうとなれば、ここは融通の効くゲレンデ
〜の八方banks

写真 2014-03-24 3 11 47いつでも遊べるバンク
バブさんハルナ
、セッションありがとう〜

ここはやっぱりオモロかったな〜
来年も楽しみです。

 

Snowboard

『 A DAY OFF 』osaka snow life style  

4月 18th, 2014

写真 2014-02-16 22 32 30 最近、どの業界もローカルってのがフューチャーされています。

毎週の様に雪山に行っていますが雪の積もらない南大阪、泉州ローカル。
各地で雪が降っていても、ここには積もらない。。って事は近くにすぐ滑れる山がない。。。
遠距離恋愛のような通いの週末ボーダーです。

世の中はタイミング。人も景色も巡り合わせ。
『山は逃げない』とは言いますが、『けど、気がつくと年々、自分は老いてるよ』と先輩に言われた言葉が思い出されるアラフォー。

気に入った山の麓などに環境を移し、よりもっと楽にライフスタイルにスノーボードを取り入れる事も出来るんだけど、沢山の人はそれは簡単には出来なかったりするもんです。

僕も今まで沢山の所に住んでいましたが、今はここを離れる事は出来ない一人です。

そんな中でも、今ある現状でどう自分の好きな事、自然や山と向き合えるか?

昔はいつもの場所、いつもの仲間と繰り広げられるセッションを楽しでましたが、
今は近くにスキー場も無い事は有り難いと思い、雪の状態がいい場所を選び、色んな場所へ足を運び沢山の新しい方々と繰り広げられるセッションを楽しんでいます。
世界有数のスキー場大国、ニッポン。楽しそうな所は行かないともったいない。

なんでもそうだが、近くにあると有り難みが感じれないもの多いよね。

地形、天気、仲間。
いつも視野を拡くアンテナを張り、情報を掴みいいタイミングで良い仲間と良い雪に巡り会えると普段から妄想しています。

そんな俺のSNOW LIFEを気に入ってくれて、 週末のタイミングが合った時に、 初めての場所、初めての方々とのセッションで出会えたポイントで撮れた二日間の映像です。

A DAY OFF from koichi makino(Livethere Films) on Vimeo.

サーフ、スケートのように年中出来ない期間限定の限られた遊びですが、
スノーボードでないと味わえない感覚、景色、最高です。
雪積もらない大阪の週末スノーボーダーも毎日の様に良い雪を追い求めてENJOYしています。

I LOVE Snowboard
I LOVE Weekender

沢山の人や景色との出会い、ここからでもまた何かまた繋がればいいと思っています。
Join Earth

THANKS

koichi
river
iwato
taku
miyaji
atushi

SPY
slope planning
patagonia
E.T.HARD SCHOOL STYLE
Geen clothng
?順不同

Life, Snow board 動画, Snowboard, バックカントリー, 関西の山

3月 一期一会 良い出会いがあれば、よい別れもある

3月 31st, 2014

昨年の1シーズンの休憩により、狂った様に週末を滑り続けた今年の初のOFFは送別会

付き合いは4年程でしたが、撮影、富士見キャンプ、トレイル整備、スノーボードツアー、沢山の濃い時間を共有したハビエルがドイツへ

クソ雨降る中、地元のトレイルコースの近くでキャンプファイヤーCAMP
写真 2014-03-01 22 59 27 写真 2014-03-01 21 20 04写真 2014-03-01 21 21 31

 

いつも楽しそうに自転車に乗るハビエルに感化され、走っていた人間は沢山居てたと思います。
昨年はMTBダウンヒルのスポーツ男子で総合優勝を果たしノリに乗って来ていただけに残念ですが、また向こうでもいい場所を見つけ、楽しんで行くでしょう

 

写真 2014-03-02 7 11 14

日本人の親をもち、日本語はあまり喋れなかったアルゼンチーナの日本人
全然気も強くなく、経歴、思考、いつも笑顔で色んな事が面白いヤツでした。

改めて写真を見ると楽しい思い出が思い出されます。
この日も沢山の深い濃い思い出に残るイイ送別会でした。

EU圏に行く用事はなかなかないですが、広いようで狭い世界。
日本、世界のどこかの町並みでばったり会えると思います。
世界のあり得ない場所で偶然再会することって、よくあるんですよね〜。

俺の経験で今まで最高にあり得ない場所で友人と再会した時は、、、、、
海外の救急車で山の中から4時間搬送中されてる最中に、途中の街で大阪の地元の友人がその救急車に運び込まれ、一緒に搬送されました。。。。

そんな狭い世界。まだまだ楽しめるっしょ〜
ハビエル、ありがとう〜!!!!!!!ドイツでも頑張れよ〜!!!
これが最後の撮影になったね〜黄色いパンツがハビエルです。

The mountain behind you. episode 3. featuring Tachibana from koichi makino(Livethere Films) on Vimeo.

MTB, MTB 動画

2月 厳冬期 二週続けての南岸低気圧&伯耆の3本槍

3月 26th, 2014

二週連続の南岸。
前週に山のイメージが湧いていたので、また伯耆へ

今回も南岸のお陰様で西日本の山々にもドッサリ雪が
タイミングよく、信濃からHassyがここ数年恒例としている撮影に岳ちゃんmake peace lab)と来るとの事で合流。
写真 2014-02-22 7 04 43うっすら積もった雪の中、東京、長野、大阪、岡山、鳥取、高知から集結
写真 2014-02-22 7 53 51

地図を見ながら2日間の計画を
写真 2014-02-22 7 36 49みんなロングドライブなので、初日はイージーでノンビリ行けるポイントへ
お利口さんのシャカはお留守番
写真 2014-02-22 7 48 47なかなかの前日の降雪
2時間ほどで、目標のポイントへ
写真 2014-02-22 12 16 41 写真 2014-02-22 12 30 33 写真 2014-02-22 12 33 36 写真 2014-02-22 12 34 15 写真 2014-02-22 12 35 06

心そそる面が右も左も沢山あります。
右面の小ピークに他のクルーも居てる様なので、左からピーク付近で落とせる所まで
写真 2014-02-22 12 41 45 (1)

写真 2014-02-22 13 10 52 写真 2014-02-22 13 17 51

写真 2014-02-22 14 13 35 写真 2014-02-22 15 53 51

終始、綺麗な景色の中、まったり堪能出来ました。
写真 2014-02-27 7 59 32
写真 2014-02-22 16 59 54遠くに見える山頂からクッキリと自分達だけのラインが見えるので満足感も人一倍ですね。
伯耆のマッターホルンまだまだ良いラインありそうです。
写真 2014-02-22 16 54 35 写真 2014-02-22 17 37 06 写真 2014-02-22 20 06 44留守番のシャカと合流し、綺麗な夕日からの、世界一にもなった事もある地ビールで乾杯。

翌日は人混みを避ける為に早朝からロングハイク
写真 2014-02-23 8 42 23写真 2014-02-23 7 48 34写真 2014-02-23 10 19 00写真 2014-02-23 9 11 04ロングルートと言えど、のんびり景色を楽しみながら自然を満喫
写真 2014-02-23 10 53 10写真 2014-02-23 10 53 55小ピーク的な所で一度ドロップポイントで思い思いのラインを想像
写真 2014-02-23 11 37 36極上のパウダーを滑りボトムでやっと目指す3本槍を目視出来る所まで
さてさてココからが核心部
写真 2014-02-23 11 59 32写真 2014-02-23 12 06 32陽射しも強くなかなか
写真 2014-02-23 12 28 30写真 2014-02-23 13 09 55写真 2014-02-23 13 19 45写真 2014-02-23 13 19 39写真 2014-02-23 13 35 01目指すは。。。。。。。
ま〜ええ所で滑りましたわ。
帰りは来た所を登り返し、また樹氷群の場所に戻って来て、思い思いに切り撮っていました。
写真 2014-02-23 16 42 20写真 2014-02-23 16 39 49
写真 2014-02-23 16 35 51写真 2014-02-23 16 43 15写真 2014-02-23 16 46 26ここからは前日に滑った伯耆のマッターホルンの裏側が見えます
写真 2014-02-23 14 24 03本当に名の通りデカイエリアだわ〜
写真 2014-02-23 16 47 05頑張った分、いろんな褒美があるのが自然と接している醍醐味。
ありがとうございました。
写真 2014-02-23 17 06 49帰りのサンセットライドもいい感じでフィニッシュ
写真 2014-02-27 20 50 04? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?photo@Hassy
ハッシー、岳ちゃん、敦くん、拓ちゃん、岩戸くん、ブンヤ?
ほんま楽しかった〜ARIGATOU-!!!!!!

Snowboard, バックカントリー, 関西の山

2月 厳冬期 南岸低気圧と伯耆のマッターホルン

3月 25th, 2014

二月、山梨では災害級に降り注いだ南岸低気圧の影響で大阪もこの通り

写真 2014-02-14 8 03 05

お陰でMTBで下っているトレイルのあるリアルローカルの地元の山で4年ぶりにスノーボードで滑る事が出来ました。

写真 2014-02-14 13 31 44

写真 2014-02-14 12 55 49近年は山頂付近でも積雪5cmぐらいが精一杯の山に、膝上50cmのパウダーでここまで降ったのは、10年ぶりぐらいでなかろうか?
秋と景色と冬の景色
写真 2014-02-13 16 27 45

そんな雪多い週末はメンバーも揃ったので、数年前からタイミングを狙っていた西日本の名山へ
初日はロケハンも兼ねていたので、ローカルの岩戸君にナビをお願いしました。
写真 2014-02-15 11 06 29南岸低気圧の停滞のお陰でガスの少し悪天候でしたが、樹氷も育ち、なかなかの雪質。

ていうか、この辺りは独特な雪質。パウダーっていうより、パウダーとザラメの間?ぐらい??
なんでも大量のアラレがよく降るらしいので、ピットチェックしましたがアラレの層が見えるぐらい。
それはそれで今の時期は結合もよく安定していました。
意外に良い雪質なので、少し撮影してこの日は終了。

翌日、天候も回復するとの事で停泊
大量の降雪により、宿泊街には幻想的なオブジェが出来上がり
写真 2014-02-15 20 50 20
翌朝はまだガスも残っているも時折、青空も見える天候で午前は太陽待ちの撮影
写真 2014-02-16 9 46 58写真 2014-02-16 11 27 27樹氷の合間から陽が差し込む町並みは綺麗でした
写真 2014-02-15 14 39 16午後からは予想通り雲も抜け、ハイクの合間にガスが抜ける瞬間を待っていました
写真 2014-02-16 13 45 53 写真 2014-02-16 14 52 28感無量の絶景を見ながら休憩

写真 2014-02-16 13 00 48写真 2014-02-16 13 12 56青と白
大好きな景色を堪能しながらポイント探索
写真 2014-02-16 16 02 51
R @River
写真 2014-02-16 22 32 30
R @230 ?photo@kouichi

気温も少し上がって来ましたが、ロケハン的に来たわりには想像以上にいい画が撮れました。

写真 2014-02-16 16 45 43同行してくれた、river公一
前日、せっかくの休日なのに時間を作り案内してくれた岩戸君、宮地さん、まりさん、仲尾君、お疲れさんでした。
名前の通り大きな山でした。皆さんありがとうございました。
写真 2014-02-16 18 16 06

Snowboard, バックカントリー, 関西の山